GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

コンテストについて色々思う事。

アクアリウムは・・・・










楽しいです。






ADAの世界水草レイアウトコンテスト。


今年出してみて思った事をちょいちょいと。


結構禁忌な部分まで書くので、ご気分を悪くなされたら無視してください。





基本オープン参加なので素人の多いコンテストですが、今回が最多応募数だったとか。

もっと出展数を増やしたいなら実名の記載を選択出来るようにすればもっと参加数は増えると思います。




「私は何位でした」




と書きたい気持ちは山々ですが、作品集を見れば実名が解ってしまうのは人によっては出しづらいような気がします。


これがペンネームなら随分出しやすいように思います。



これが1点目。



次は主催者がメーカーである事。

これは私の仕事の一つ、バーテンダーのカクテルコンテストであることなのですが、例えばサントリー社が主催するカクテルコンペでは必ずサントリー社取り扱いの飲料を使用する事が暗黙の了解となっています。

オレンジジュースやレモンジュース、シロップに至るまで同社の製品を使う事がほぼ必須となります。


何故ならこの場合、入選したカクテルは販促アイテムとしてサントリーさんが商標を持ち、大々的に売り出したりします。





そういう事が当たり前になってます。ってか、当たり前です。タダでやってる訳でないので。


このコンテストでもそういう事が無いとは言えません。




やはりいい水景を見つけて真似をしたければ基本ADAで購入できるものでないといけないですからね。

そんな絡みもあって、写真の版権はADAに委譲するんだと思います。




誰か表彰台に上がる人でスペックがADA以外のものを使いまくってる人、いるならご一報頂きたい。


そんな方がいるのなら逆にADAは非常に懐の深い会社だという事がわかります。



これが2点目。



次は水景写真の公開にについてですね。

これは2点目と少し絡みますが、出展する写真については版権が絡みますが、出展写真以外の水景写真はこれに抵触しないと考えられます。



よって写真の公開は問題ないように思われます。


個人の見せたい・見せたくないは別として、出品用の写真以外は問題ないように思うんだけどなぁ。






以上、3点の疑問をひっさげてアクアリウム・パーティーに行ってみようと思います。
















もち、覆面で。















え?










で、どうだったの?


















e0112895_052052.jpg






一応佳作に入りました。





初出場としてはこんなもんですかね。



いいのか、悪いのかさっぱり解りません。














ただ、言えることは・・・・





e0112895_0532979.jpg







よりも




















e0112895_0555448.jpg







こっちが好き








という事です。







エイジアのアクアを聴きながら。





読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2010-08-10 01:02 | 水槽ADA60標準水槽
<< 髭コケの究極の利用法 やさしい水草水槽その17~強敵... >>