「ほっ」と。キャンペーン

GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

カテゴリ:DIY CO2( 5 )

復活!GARCIAのDIY~もうエアポンプとかいらないな。~

アクアリウムは・・・・
















応用力が問われます。









さて。




ADA90。着々とセットが進んでいるのですが・・・・





久々のセットなので気合を入れたDIYをしないと気が済まない。








全面底面は随分前にやった。←クリック

アクリルパイプでリリィっぽいパイプもやった。←クリック

インラインCO2もやった。←クリック

インラインヒーターもやった。←クリック

ライトも作ってみた。←クリック









一体次は何をやるねん。













やる事ほとんど無いやん。









ちなみに外部フィルターも作ったしね。←クリック







後、やってないのが・・・・・・







エアレーション。(インライン化はした。)











ポンプがやっぱ五月蝿いじゃないですか。









ヴゥゥゥゥゥ~~~ンって・・・












安物の電マやあるまいし。






我が家でも何だかんだで大小3台ほど稼動してたりします。







最近ブログお休みしてますけど、DIY友(勝手に自分が思ってる)OTL.SPさんのブログで見たスゴイマシンがあるんですよ。←クリック




その名も『アスピレーター』



e0112895_3282316.jpg




品番もそそるじゃないですか。



出来れば05とか06Sが良かったんですけどね。



マイクロバブルを作るものですね。

理科の実験道具で使ったりするんですけど、ベンチュリー効果(エンジンのキャブレターみたいな仕組み)で水流の力で減圧して空気を送り込むと非常に細かい泡を作り出す代物です。



e0112895_328493.jpg





エビ畑の方は結構使っておられる方がいるようですね。






これ、水草にも使えないかなぁ。







てな訳で、色々考えてみた訳です。













エアレーションもCO2添加も一台で出来ないものだろうか。











では久しぶりに・・・・・








CAD図いってみよう。



e0112895_3292290.jpg






水槽からポンプを使って循環させます。その途中で『アスピレーター』を装着する。

アスピレーターには吸気用のバルブがあって、そこに逆止弁を装着、エア用ホースをつなぐ。


e0112895_354575.jpg





エアホースをYブランチで分岐して一方をCO2用回線、もう一方をエアレーション回線にします。


e0112895_3564682.jpg




CO2側はスピコンを装着してその後に電磁弁を装着⇒レギュレーターを経てCO2ボンベへ。

エア側は電磁弁を先に装着してその後にレギュレーターにつなぎ、吸入側は何も装着しないで吸気する。




別にエア側もCO2と同じにして構いませんが、私の場合、2台水槽一つのエアラインで繋ぐので、こうすればスピコンが一つ節約できます。


CO2は調整がシビアなのでスピコンを各水槽につけるので電磁弁より前に付けてますけど、別に微調整に自信のある人はエアと同じように2台を一つのスピコンでまかなってもいいでしょう。






後は電磁弁をタイマーに繋いで電灯照射時に合わせてCO2を、消灯時に合わせてエアの電磁弁を作動させ、水槽内にエアを供給しようという魂胆である。





泡は・・・・・・




e0112895_3572577.jpg





非常に細かいです。





水槽中を泡が漂っています。溶存効率は非常にいいと言えるでしょうね。






CO2とエアに映像の差異が見られないですが、どちらも良好です。










ただ、注意点があります。








これを外部フィルターの排水部にインラインする際は、相当水流が弱くなるので、パワーのあるものを使う事。








60水槽なら最低70~90水槽用を、90なら120水槽以上用を使用してください。












私の場合、外部フィルターのパワーが足りなくて、別にポンプを使って循環させる事になりました。
e0112895_358169.jpg










なので今の所給排水パイプが全部×2になって少々鬱陶しいです。



e0112895_3585967.jpg












キィィィィ~~~




e0112895_3591892.jpg






まぁ、近いうちに二股分岐でも使って給排水を統合する事にしよう。











いやぁ~~~静かでいいや。




CO2の溶存効率もあれだけ泡が細かければ非常に効率よく溶けそうです。






そしてポンプはいなくなりましたとさ。



オアシスのリヴ・フォーエヴァーを聴きながら。





しばらく熱心に↓のバナーを押しなさい。


楽しい事を画策中。

毎日励んで押してみよう!




読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2010-11-18 04:15 | DIY CO2

直添ディフューザーって簡単だな。

アクアリウムは・・・・






たまにあっけなかったりする。



まぁ、今回の60Hiについては水槽以外は自作で行くといってしまった手前、CO2添加器具についても自作で行く事にした。

よくよく考えたらパレングラスは自作できない事が判明した。

ガラス加工なり、ストーン部分を任意の大きさに切る道具が無いからだ。


なので直添ディフューザーを製作する事にした。







これを最初に考えた人はすごいと思う。




そしてこれを売ってる奴を見ると、ボッタクリだよなと心から思う。




材料から。

e0112895_21162485.jpg



スドーのCO2マイクロストーン、T字ホースジョイント(今回はホースの口径にあわせて16ミリ)
ホースの切れっ端、逆流防止弁。





e0112895_21244778.jpg


CO2ストーンを取り出し、付属のホースを短く切って差し込みます。

写真の後ろにある逆流防止弁を差し込んで添加部分を作ります。







e0112895_21205920.jpg


T字ジョイントにホースの切れ端を差し込んでおきます。

出来れば全長に合わせて切れればベターです。








そしてCO2ストーンと逆止弁をくっつけた奴をぶっ挿します。



e0112895_21272479.jpg




はい、完成です。


ジョイント内の写真ぐらいストーンが飛び出している方がいいようです。

e0112895_21284812.jpg






なんか・・・・久々に真面目だったような気がする・・・





カーペンターズのスーパースターを聴きながら。





読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-10-09 21:30 | DIY CO2

CO2バブルキャッチャー製作

アクアリウムは・・・








日々進化を遂げる。





少し前に醗酵式CO2発生器『マイケル君』を製作したのだが、CO2ストーンからしばらくするとカルピス飲んだ後に出てくる白いニュルッとしたやつみたいなのが出てきて、気泡が大きくなってしまったり、放っておいたら詰まってしまう事態に陥ってしまった。




さてはて困っていたわけだが、やっぱり少し前の日記でAYAさんがバブルキャッチャーを作ってそれを解消していた。(AYAさん、この話、DIYのカテゴリーに入れようよ。探すのメッチャ苦労した。)まぁ、これなんだけど。

e0112895_3481715.jpg


左のオレンジのやつがCO2発生器『マイケル君』、右のペットボトルのチビサイズのがキャッチャーだ。


全くもって美しくない。


キャッチャーのおかげで幸い始動開始よりノーメンテで白いあんちくしょーは出てこずに快適に使用している。

しかしもう少し綺麗に作れやしないかな。と。



やっぱ100均で購入した。

e0112895_356574.jpg



まぁ、さる思いつきで黒のボディーもいいなぁ。と思い、黒いアルミボトルを購入。こっちはCO2発生器になる。
んでもって右の小さいアルミボトルは化粧品コーナーで見つけた空ボトル。

これが今日の主役、バブルキャッチャーというわけだ。


ものすごく小さいように思うけど、要するに瓶内に入る水の量は関係なく、CO2が水の中をくぐり、気化したアルコールを温度を下げて液化させればいいだけなので、小さいボトルで十分事が足りるという訳だ。




早速術式にかかる。


拘束制御クロムウェル3段階まで限定解除・・・・・・ヘルシングの読みすぎだな。



e0112895_434916.jpg


ボディー上部に穴を開けてホースジョイントを差し込み、接着剤で固定する。
ホースを差し込む。


e0112895_453164.jpg


バブルキャッチャー側の蓋に2箇所穴を開けてホースジョイントを取り付ける。やはり接着剤などで空気洩れの無い様にしよう。
CO2発生器側のホースを差し込む側にさらにホースをジョイントしてキャッチャー本体底部に届くようホースを切って差し込む。







あっけなく完成。

e0112895_410524.jpg



本体が黒いので『マイケル君・ムーンウォーカーver』と名付けよう。





さて、キャッチャーの方だけど・・・


マイコーになんか相方っていたっけなぁ???



バブルキャッチャーかぁ・・・・。









バブル???





あっ!!!!








CO2バブルキャッチャー
『バブルス君』






完璧じゃのぅ。






これ、人にやろうと思ってるんだけど・・・





やっぱ、ペインティングするべきかな?

e0112895_4225779.jpg



いやいや、飾ってもらえないかもしんないしなぁ。
インテリアに差し障りそうだし・・・




でもよう・・



ペインティングしないと俺らしくないしなぁ。個性ないじゃん。


やっぱやるか?



e0112895_4263055.jpg



・・そうだよな。












未だ堕天使悪魔が闘っております。







俺、ピーーンチ!






つづく。 (sayumiさん、すまん。ネタパクってもうたw)




Coccoの星の生まれる日を聴きながら。


読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


早く押したまえ。

天罰が下るぜ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-07-18 04:38 | DIY CO2

DIY~小型醗酵式CO2添加マシーン”マイケル君”~

アクアリウムは・・・・











困難の連続である。(世阿弥・・うそ。)






小型水槽のCO2添加について日記を書いた所、醗酵式を最近ブログ仲間になったAYAさんに勧められた。

元々ミドボンを使用している(過去日記参照)ので醗酵式には洗練さを感じないし、基本ほとんどの方がペットボトルなどを使用していてちっともカッコよくないのだ。





やっぱり装置と名乗るなら、メカメカしくないといか~ん。





少なくともスタイリッシュでないとダメでしょ?




早速100均一へ・・・。



この辺りがまずもってスタイリッシュでない。




しかし、見る奴が見るとそれなりにいいモノが見つかったりする。

e0112895_2421622.jpg


中はこんな感じ。

e0112895_2424710.jpg


帽子みたいな所が蓋になっており、開けると吸い口が付いている。

e0112895_2435839.jpg






・・・・ん?



ひょっとして今回は魂を炸裂するほどDIYしなくていいかも。


吸い口に直接ホースジョイントをくっつければ出来上がりそうだ。

しかも面倒な接着なんかも必要ないかもしれない。



まずはホースジョイントにパッキン代わりのホースを短く切ったものを差し込んでおく。

e0112895_2473176.jpg


水筒の吸い口と蓋をジョイントの口径に合わせて慎重に拡げていく。

e0112895_2511048.jpg



後は吸い口にジョイントを押し込む。

e0112895_2525044.jpg

e0112895_2534249.jpg


後は蓋に開けた穴にジョイントの頭を差し込んで出来上がり。

e0112895_2544950.jpg


e0112895_256397.jpg






あ、呆気ね~~。



自作というにはあまりにもショボイなぁ。ほぼ工作に近い。



暇なのでデコレーションを施そうと思った。




部屋を見回すと、何故かシールがあった。



調子に乗ってペインティングまで施してみる。





出来上がったのがこれだ!


























e0112895_314213.jpg




ダッサださ。





何で机の上にあったシールがマイケルジャクソンやねん!





ちょっともスタイリッシュちゃうやんけ。





あ~あ。





ちなみにジャクソン君は水槽の隣で如何なく実力を発揮している。




ただし、後ろ向き配置ですが。



エマーソン・レイク&パーマーのタルカスを聴きながら。



※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。




読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by sevens-door | 2009-06-17 03:10 | DIY CO2

おいしいCo2添加。

アクアリウムは・・・・










お金がかかる。(定番)




たまにはスタンダードな滑り出しで・・・。



30cmキューブの立ち上げの日記の時最後に「次はCO2の添加だな」なんて言っていたのにも拘わらず、さっぱり、すっきり忘れていたのを思い出しました。


うちのCO2添加は出来るだけ安上がりに仕上げたスーパーエコノミーシステムです。



まず最初にありきの二酸化炭素ボンベの方式ですが緑ボンベ(通称:ミドボン)を使用しています。
高圧で二酸化炭素を封入してあるのでレギュレーター(減圧器)を取り付けて使用するのですが、それも専用ではなく、ビール用を流用しています。


ミドボン
e0112895_2402873.jpg

レギュレーター
e0112895_241279.jpg




うちの職場はオサレなレストラン&ワインバー。バーと名乗る以上、生ビールも置いてあります。



以下、酒屋とGARCIAの電話での会話。


G:「ビールのガス無くなったから、持ってきて。」

酒屋「はい、かしこまりました。」

G:「あのさぁ・・。」

酒屋「はい、何でしょう?」


G:「レギュレーター調子悪いから新しいのくれるかなぁ?」

酒屋「いいですよ。今度持ってきますね。」




よっしゃ~~!



と、ここまででボンベの保証金と中身のガス代で4000円也。



ちなみにショップでレギュレーターを買うと

e0112895_274089.jpg

(↑こんなやつです)


1万円くらいします。



うちはダーターで入手できる環境にあります。ムフ。



専用の奴は細かく圧力を調整できるので便利といえば、便利です。
最初は微調整できなくて、ガスが出なかったり、めっちゃ出たり随分困らせられました。


そこで小型減圧弁:スピードコントローラー(通称:スピコン)の登場です。

e0112895_213558.jpg


コイツを拡散筒とボンベの間につないで細かい微調整を量るのです。

これはADAのスピコンですが、製造メーカーのPISCOの製品にADAのマークが付いただけの物なので、普通に性能は同じです。ADAのロゴが付いてるからといってもモノは同じです。


当然ロゴ代の分割高です。


ブランドマークにこだわりを持つ方、もしくは金銭に余裕のある方はADA製品を選んでも良いでしょう。(新製品の開発費の援助だと思えば良いかもしれませんね。)


PISCOに拘わらず各メーカーから工業用スピコンは販売されてますので購入してみましょう。大体1200円から2000円くらいで購入出来ます。


何処に売ってるかって?


そんなものは自分で考えなさい。と言いたい所だが、気前のいい私は教えてあげようと思う。


ホームセンターのエアツール売り場にあります。


エアー・インパクトレンチやコンプレッサーの売ってる所に行くとあります。
ちなみに耐圧ホースもそこに売ってます。異型ジョイントもある。ビール用のレギュレーターは8㍉径で拡散筒やスピコンの口径は6㍉径なので8→6㍉の異径ジョイントが必要になります。


e0112895_2451326.jpg


異径ジョイント(PISCO製)ここのデザインがカッコイイ。上のオレンジ色のPISCOって書いてあるとこにリンクしておいたので参考にしてください。



売ってなかったら、売ってるホームセンターまでひたすら行脚しなさい。


それがDIY魂です。


あと、拡散筒。

e0112895_2474124.jpg


e0112895_2285091.jpg



チャームにて購入。(1200円)

バブルカウンター(点滴の空気版。1秒間に何粒添加するか目で見て確認できるので目安になる。)も一体化した優れものなので拡散筒とカウンター両方を買わずに済むし、この値段でこのクオリティーは買いです。

このタイプは拡散面に苔などが付いてこまめに掃除しないといけないですけど(ハイターに漬け置きして水洗い後、塩素中和剤(ハイポなど)でさらに漬け置きする)見た目綺麗で細かい泡が出るのを見てると気持いいので私はこれを使ってます。


シンプルにしたい人はバブルストーンや排水チューブにジョイントするディフューザーを使用する方も多いですよ。


あと、ずっとCO2を添加したままにしていると、魚が酸欠になります。


何処の先輩アクアリスト諸氏も本でも8時間から10時間くらい添加するといいと載ってます。(私は8時間)
理屈としては水草の光合成を行う時間がおおよそ8時間程度だからだそうです。


他の時間は水草も魚と同じく酸素を吸収し、二酸化炭素を放出するんだそうです。




そうするとガスを自動で止めたり、送ったり出来るスイッチがあると便利です。


e0112895_394729.jpg


電磁弁という装置です。
電磁石の力を利用して空気を遮断したり、通したりする『空気用のスイッチ』です。



私はチャームで特売していた時に2999円で購入しましたが、普段は結構な値段します。
遮断できるガスの圧力が大きい程、値段も高くなります。コイツは0~0.7Mpaぐらいの圧力でしか遮断出来ないのでそれ以上の圧力がかかるとホースが
パンという音と共に外れてしまうので要注意です。

コイツをボンベとスピコンの間に設置する。

e0112895_3201496.jpg


8時間点けておきたいから電磁弁のスイッチ電源をタイマーに接続する。
ついでに電灯も8時間点灯したいから一緒に接続する。


e0112895_323312.jpg


IKEAで2個970円で購入。

何故2個付いているかというと、もう1つはCO2停止中、酸素不足を補うのと夜間不要な溶存二酸化炭素を放散させる為にエアレーション(いわゆるブクブク)して酸素補給&二酸化炭素放散する為だ。

賢い奴は1台で出来る奴もあるが、安くあげる為、スペースを犠牲にしている。


何かややこしい感じがするのでおなじみCAD図で説明しよう。

e0112895_338696.jpg



ありゃりゃ~電磁弁が電弁になってる


まぁ、こんな感じ。


ツボとしてはレギュレーターをビール用で賄ってる分、出費を抑えられてるということ。


最近は酒屋で生ビールの樽の貸し出しをしている所があって、保証金を払うとレギュレーターから何から貸してくれます。


我が家にビールサーバー、導入してみませんか?






ビール飲んだらCO2添加。








すっきり







さっぱり










おいしい展開です。








ガーリックボーイズのSAPPORO NIGHTを聴きながら。








※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。




読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 用品・グッズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
[PR]
by sevens-door | 2009-05-14 03:57 | DIY CO2