「ほっ」と。キャンペーン

GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

カテゴリ:DIY フィルター( 16 )

底面フィルター進化編。

アクアリウムは・・・・






ちゃんと続けてます。



最近更新が滞り気味ですが、別にアクアをサボっているわけではないんですよ。
仕事が忙しいのは一番ですが、日記を書く時間を睡眠に当てているので、日記が滞ってます。


なので



DIYはやってますぜ。



少し前に見栄を切って購入してしまったADAアクアガーデンのM水槽


ほおって置くのも何なのでやっぱりセットする事にしました。


まぁ、基本の焼き直しばかりなのですが、応用に応用を重ねて遊び心のあるシステム作りをしてみようと思い、仕事からの現実逃避の為にせっせと製作していたりしていましたww




割と何も考えなしに水槽をセットしていくので、いつも何かしておきたい事を忘れてしまいます。

前回のやり忘れは・・・・




湧き水システム。


子供受けするのでやってやろうと思っていて60HIでやり忘れてしまいました。


まぁ、全面底面フィルターなのでやりようもありませんけど。


詳しくはココ


今回も懲りずに底面を仕込むわけですが、上記リンク参照の底面フィルターに使った猫よけマットが余っていたので、今回も使おうと思いました。

あまりものなので、中途半端な大きさになってしまい、今回も砂とソイルを分けて使うので砂の部分は底面を使用しないで置こうかと思っていたら・・・・




ひらめいてしまいました。



こいつどんな形にもなることに気付いてしまいました。



なので、砂の仕切りにあわせて不自然にカット・・・・・




e0112895_0322368.jpg



そして砂の仕切り&底面内に砂の流入を防ぐ為に鉢底マットをカットして・・・・

e0112895_034712.jpg


外れないように要所要所にタイラップで固定します。

e0112895_0345321.jpg



上にも鉢底ネットをカットしたものを敷きます。
e0112895_0375053.jpg


敷きこみがまだ中途半端ですが、結構自由に形が作れます。


今回は底面直結なのでエアリフトは装着しないので、アクリルパイプをホースジョイントで繋いだものを
差し込んで完成です。

e0112895_0413749.jpg


まぁ、簡易的なものなので、追々曲げたパイプでも作って綺麗に仕上げる事にしようかな。


かくして10本目の水槽が立ち上がる事になりましたとさ。







・・・馬鹿だよなぁ。





エレファント・カシマシの翳り行く部屋を聴きながら




読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-11-04 00:49 | DIY フィルター

DIY~外部式フィルター60HI用~

アクアリウムの・・・




日記ですよ。これは。


最近本格的なアクア日記書いてなかったから忘れられていたような気がする。


60HI用の外部フィルターですが、箱型のは水密がうまく行かず、水が洩れてどうしようもないので、結局パスタポット君を使う事にしたのだが、いかんせんろ材の容量が足りない気がする。



e0112895_48786.jpg



なので3連星にしました。


よくわかんないでしょうから、CAD図行ってみますか。


e0112895_419974.jpg


ジェットストリーム・アタック


・・・・気にしないで下さい。


3つ並ぶとやりたくなるんです。この世代は。



作り方は過去ログをご覧下さい。横のカテゴリーDIYフィルターに載ってます。


キング・クリムゾンのアースバウンドを聴きながら。


読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-10-29 04:25 | DIY フィルター

DIY~外部式フィルター吸水部分加工

アクアリウムは・・・





一種の安定剤のようだ。




今日はブログを書くの休もうと思って早く床についたのだが、忙しさの疲れからか、かえって気が立って眠れなくなり、やはり書くことにした。

中毒なのか?俺は。


ブログを書くのが一種の安定剤のような気がしてきた。


完全に病気だなww




苛立ち紛れにフィルターの仕組みの仕上げに取り掛かる。



といっても簡単な加工だ。




今回は筒型ではなく、箱型のフィルターを作って、吸・排水口を上部に作った。

メンテナンスの良さを重視したわけだ。

ユニットが全部蓋についているので掃除とか楽だしね。




筒型と箱型の違いをおなじみCAD図でまとめてみた。

e0112895_516516.jpg



筒型(エーハイムクラシックタイプ)は筒下部から吸水し、上部のポンプより排水される仕組みに対し、箱型(コトブキパワーボックスなど)は吸水口の内部にパイプを通し、一旦下に水を送り出し、上部のポンプから改めて吸い出す方法をとっている。












ん?














逆だったっけ?






上から吸水した水をポンプの排水部を下へ延長して吸い上げる仕組みだったけか?


e0112895_5172037.jpg



う~ん。





まぁ、私は後者のほうを採用しました。





60Hi水槽のはポンプの吸水口に口径の合ったプラパイプを差し込んだ。


e0112895_517415.jpg


底に荒めスポンジそっくりのスポンジが100均で売っていて、適宜大きさにカットして敷く。


e0112895_51972.jpg


合体するとこんな感じ。


e0112895_5193620.jpg



小型水槽用はイーロカのろ過部分をカットして同じようにくっつけた。



e0112895_520623.jpg


これは中の荒めスポンジが入っているので大型用と違い、底にスポンジを敷くのはやめている。


e0112895_5202260.jpg



まぁ、仕組みは完成。




濾材をぶち込んだら稼動できます。






よし、眠くなってきた。




明日は山に石採りに行きます。



サタンプレコの活動です。




コッコのけものみちを聴きながら。





読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


いつもありがとう


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-09-22 05:24 | DIY フィルター

フィルターの電線の加工について。

アクアリウムは・・・・





説明が不足するとわかんないことがある。






フィルターの続きになります。


昨日ので終わりというわけでないので、続くのですが、若干気の早い読者も居られる様で、電線の加工部がご覧になりたい方がいらっしゃるのでソコ、やってみますね。





私の場合やり方が2種類ほどあって、1つはハンダ付けで接着する場合ともう1つはハンダを使わずにギボシ端子を使って接続する場合と2種類あります。

ギボシ端子は写真下の部品でオス端子・メス端子と2種分かれています。

e0112895_1136468.jpg

で、写真にある電工ペンチという道具で電線を挟み込んで接合します。ナイロンのカバーが付いてるのでそれで絶縁します。


e0112895_1137795.jpg


写真では接合部がむき出しになっていますが、水周りなのでさらにビニルテープや熱融着テープなどで水密をはかるといいです。


ハンダ付けですが、まず電線をむき出しにします。ニッパーやカッターでゴム部分を剥がします。

e0112895_11383459.jpg



で、電線をからめてハンダこてで融着させます。

e0112895_11413067.jpg


e0112895_11414933.jpg





  
私の場合、めんどくさがりなので、写真のように片方だけビニルテープで巻いて、

e0112895_1142653.jpg




このように絶縁して、このまま全部をビニルテープで巻いてしまいます。

e0112895_11422398.jpg




接合部が太くなりにくいので見た目スマートになります。


補足:ねこぱんちゃん様よりご指摘ございました。ビニールテープでは切れたり、溶ける可能性があるそうですので、自己融着テープ(ブチルテープ)などで巻いた方が良いとの事です。
さすが電気工事2種をお持ちで。


助かります。




こんな所でしょうか?ポムグラニート様。


ポムグラニート・・・・デザート好きの方なのでしょうかね。











ところで・・・






aquqmagic2さんに頂いたエンドケリーですが・・・・





e0112895_11424492.jpg







稚魚生まれました!



今のところ5匹確認してます。

e0112895_11563210.jpg
e0112895_11564899.jpg



元気に泳いでいますね。






実は・・・・






初めて繁殖に成功しました!




ミナミヌナエビすら繁殖したこと無かったのに・・・・



やったぁ~~~!












読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-09-20 11:43 | DIY フィルター

外部フィルター達を作る。

アクアリウムは・・・






まとめて作ると楽かもしんない。




底面は出来た。



次は外部フィルターだな。


さる事情で、小型水槽用の外部フィルターも作らないといけないので、まとめて作ることにした。



e0112895_714638.jpg



4個一度に作ります。(パスタポット君は2個)

パスタポット君は以前作り方を日記で出してるので、割愛します。


今回は60Hi水槽と小型水槽用の箱型タイプの作り方を紹介します。




基本、外部フィルターは作りがとても簡単です。


実は上部フィルターや外掛けフィルターのほうが作るのは手間がかかります。




むつかしそうと思っている人。





マジ簡単です。



私の考えるDIYは誰でも作れそうなやつがメインです。


正直すごいやつ作る人は心から尊敬しますけど、誰でも出来そうなやつ作るのが私のDIYのスタンスです。


「これ作ったぜ。スゲェだろ?」というより、


「これって、ひょっとしたら作れるかも?」と思ってもらって、DIYにハマってもらえたら嬉しいなと思うわけです。


照明や水槽台作るより、外部フィルターは作るのが簡単です。




これを機会にチャレンジしてみれば?なんて思いますw



では、行きましょうか。



まず、ざっくり行程を説明すると、穴を開けてポンプ穴と取水口にグロメット(下写真)をはめて、ポンプとホースバルブを取りつけるだけです。
あと、電源コードを通す穴を開けてコードを通せば仕組みは完成します。


e0112895_7284373.jpg



まず、キリとか細いドライバーで穴を開けてリーマー(これは持っておいて損はない道具ですね)で穴を拡張します。ポンプ・取水口・電源コードと3つ開けます。

e0112895_7314875.jpg


ポンプの電源コードを一旦切断します。

e0112895_733311.jpg



グロメットを嵌めて、ポンプを嵌めます。


e0112895_734279.jpg


e0112895_735964.jpg



取水バルブは散水ホース用を流用します。


e0112895_736040.jpg


これはネジで挟み込む構造なのでグロメットは要りません。

e0112895_737797.jpg
e0112895_7372420.jpg


全部付いた様子。

e0112895_738329.jpg


電源コードだけは上手く合うグロメットがないので、コードを通したら接着剤やシリコンコークで穴埋めしてください。


これでほぼ完成です。


小型水槽のも同じです。

これの場合は取水口がホースジョイントなのでグロメットを使用します。


e0112895_741066.jpg
e0112895_7412211.jpg
e0112895_7413446.jpg
e0112895_7414769.jpg



これでほとんどの作業は出来ました。

後はポンプの吸出し口を作って濾材入れれば出来上がりです。




慣れてる私は30分もあればここまで出来ます。



始めての人でも1時間もあれば出来ます。


簡単です。



まじで。




明日は吸水部分の簡単な加工をやります。



有頂天のGANを聴きながら。



読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


いつもサンキューです


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-09-19 07:46 | DIY フィルター

突貫工事突入。新60cm水槽疾風伝その1

アクアリウムは・・・・




待ってくれない!


今日素適なものがうちに届いた。
e0112895_448311.jpg
e0112895_4481834.jpg


水草とお魚だ。




aquqmagic2様から頂いた、ミゾハコベとベトナムゴマノハグサ、アマゾンハイグロとエンドラーズのペアを頂きました。





ですが・・・・只今水槽が糞満タンです。


アマゾンハイグロとベトナムゴマノハグサは何とか植えるところもあるんですけど、ミゾハコベだけは植えるところがない。





うちの水槽、砂地がない。



しかもいつものナイスショップ『マルヤマ』にストロジンSPも取り置きしてもらってるのも失念していた。





のんびりやろうと思っていた60HI水槽の立ち上げ・・・







急ピッチでやるしかない!






大体構想は練ってあるのだけれど、日記のネタにユルユル書こうと思ったが、そうも言ってられなくなって来た。




急げ!




底面フィルターの製作に急遽取り掛かる。



あらかじめ100均で目を付けていたネコ侵入防止マットを逆さにして使う方法を採用した。




e0112895_4504195.jpg


こいつを水槽の大きさに合わせてニッパーで切っていく。

e0112895_45136100.jpg


反対側に少し突き抜けているところがあるのですが、これも切ります。


e0112895_454595.jpg



お、多い・・・

e0112895_4543848.jpg



この水槽のマット、超たよりない。

北九えびさんの言うとうりだ。こりゃ、別の買うべきだ。ってか、これただの保護マット見たいだな。

しかし、これ、水槽の底に敷いたら目立たないから良さそうだぜ。

で、敷きます。


e0112895_4575690.jpg



そして猫よけマットのとがった方を下にして、敷きます。

e0112895_459027.jpg


そして鉢底マットをその上に敷きます。

e0112895_4595941.jpg





はい、ベースは完成。



後はホースの加工すれば底面は完成ですね。



後、小型水槽買って来なきゃ・・・・



臨時ミゾハコベ水槽を・・・



まぁ、後はえび水槽になるね。


とにかく、仮眠してマルヤマに行かなくちゃ。




おやすみ。









読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-09-16 05:03 | DIY フィルター

素人ながら動画をアップしてみました。

アクアリウムに関わらず・・・









いろいろやるという事は大変です。




先日自作した外部フィルターですが、空気抜きの効果を説明できなくて動画でも撮ってアップするなんて大きいこと言ってしまったので、方々尋ねまくってyoutubeにアップする事に成功しました。


映像もオートフォーカスが作動してピントがボケたりしてますが、ゆるゆるその辺は勉強していってちゃんとしたやつをアップできるよう頑張ってみます。




注水の模様と空気抜きの瞬間を収めてます。


編集の仕方がイマイチ解らないので長いです。


途中でやめてもいいですけど、最後には・・・



では、外部フィルター『パスタポット君』の注水式の映像をご覧下さい。





すいません。







こんなので。





読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


俺も押してるよ♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-28 05:43 | DIY フィルター

小型水槽用外部フィルターろ材&小技編。

アクアリウムは・・・





ちょっとした工夫で効果抜群。



本体が完成したので、今回はろ材を入れようかな。と。



前回のと基本変化は無いですけど、サブストラットが無くなってしまったので、富士砂の大粒&中粒のブレンドで行こうと思ってます。

まぁ、富士砂も大きさに分かれて売っているわけではありません。



5キロ・10キロくらいで売っていて、大きさもまちまちだし、極度に汚れてます。

選別して洗います。

詳しくはここに載ってます。





後、活性炭の替わりに竹炭。

e0112895_3503995.jpg



まぁ、こんなもの何に使うんだろうと思う商品です。

中はこんな感じです。

e0112895_352337.jpg


5ミリ方眼の上に出してみました。


5分の1はです。


ですが、見つけたときはラッキ~~と思いました。


あまりにも細かいのでネットもこんなのを使います。

e0112895_3544156.jpg


キッチン用の三角ネットの超細かいやつです。



こいつに入れて使用します。


交換が楽になります。



悲しくなりません。



後、おまじない的にゼオライトも入れます。

e0112895_3564737.jpg


やっぱり三角ネットに入れて使用します。



成分が気になる人は一切使用しないで下さい。



ちなみにそういうことで魚が☆になった事はうちの水槽では今のところありません。


後は映像がありませんが、荒めのスポンジフィルターと鉢底ネットを使用しています。


購入先はダイソーで行いました。
まぁ、あちこち行かなくていいので便利だと思います。



全部組むとこんな感じですね。

e0112895_40476.jpg



上から順に


鉢底ネット(直径にあわせて切ります。)


ゼオライト(三角ネットに入れてあります。)


エーハイムの活性炭フィルター2011用(余ってたから&仕切り用)


竹炭(三角ネットに入れて一旦水ですすいでから入れてあります。)


鉢底ネット


富士砂(これはネットにいれずに直接入れます。)


鉢底ネット


エーハイメック(これも直接)


荒めスポンジ(丸くカット。ホースの出口の所だけ切りかきを入れてあります。)



以上です。


これでポンプを稼動させるだけなんですが、筒内に水を入れると写真のところ以上に水が入らなくなります。

e0112895_4161490.jpg


吸い込み口以上に水が入りません。そこより上の空気を追い出せないのです。



e0112895_4163933.jpg




しかし、追い出さないと異音がしたりします。

筒を振っていると水は満たされますけど、スタイリッシュではありません。




なので、空気穴を開けます。


e0112895_4201574.jpg



画鋲を用意します。

e0112895_4204824.jpg


以上です。



効果の程を言葉で説明するとモスバーガーみたくなるのでやめときます

今度動画でも撮ってアップしてみようと思います。



次回はレイアウト編です。




流木買ったんですが・・・






つづく。



読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-20 04:25 | DIY フィルター

小型水槽用外部フィルター製作第2弾最終章

アクアリウムは・・・





今のご時世、安くていい製品がいいに決まってる。



さて。製作の続きですね。

本体になるパスタポットの加工をします。

e0112895_4273022.jpg


吸水部分の穴を開けます。エーハのクラシックシリーズと仕組みがほぼ同じなので吸水位置は下に開けます。最初は小さい穴を開けるのがいいと思います。番手の大きいドリルなどで開けると割れます




悲しくなります。


次はリーマー(ゲッター2君)で穴を拡張します。

e0112895_4311222.jpg


手が若干、痛々しいですが、気にしないで下さい。


ホースジョイントの径にピッタリになるまで拡張します。

大きく開けすぎると水漏れします





悲しくなります。




e0112895_4343237.jpg



グロメットを嵌めます。


e0112895_4353363.jpg



ホースジョイントをねじ込みます。穴が小さいとゴムが切れたり、外れたりします





悲しくなります。




なので、少しずつ穴を拡張していってきつめに入る大きさを探し当てます。
こまめに嵌めてみて、慎重に穴の大きさを決めてください。




もし大きく穴を開けすぎてしまったら・・・・






悲しくなります。





上の排水部分はこの部分が入ります。

e0112895_4443026.jpg


同じように穴を開けて、グロメットを嵌めて、マッスルドッキングしましょう。

うまくいくとこんな感じにピッタリフィットします。

e0112895_441021.jpg


上の部分は中にポンプを入れて、内側からマッスルドッキングします。


e0112895_4524697.jpg



じゃなくて、


e0112895_4462397.jpg



こんな感じです。


ふたの部分に穴を開け、電源コードを一旦切断してコードを通します。

e0112895_522476.jpg


さすがに楕円形に穴を開けるのは至難の技でしたので、心配なので接着剤で穴埋めをしました。

シリコンコークでもいいです。私は有機溶剤を使わない透明ゴム製の接着剤を使用しました。


e0112895_525376.jpg



これで完成です。


次はろ材を詰めたり、空気抜きの機能についてやります。









話は変わりますが、


先日キムチが無性に食べたくなってしまい、休日と言う事もあり(接客業なので臭いは禁物。)キムチを買ってきたわけなんですが・・・

e0112895_563668.jpg



・・・ん?


e0112895_572731.jpg





・・・んん?



e0112895_584968.jpg





サムライ・・・







じゃないよな。



髷を切って、革靴はいた時点で「侍は古いぜよ」って言ったよな。










どうりでこのキムチ、ウソくせぇ味がする。






セックス・ピストルズのライヤーを聴きながら。





読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-19 05:15 | DIY フィルター

小型水槽用外部フィルター製作第2弾その2

アクアリウムは・・・・





ない器具があれば作るのみだ。


続いて製作過程に入ります。

大きく流れを綴って見ますと、


イーロカの排水パイプを加工する。


パスタポットに排水・吸水用の穴を開けて防水加工を施しつつジョイントをつなげる。


ふた部分に穴を開け、ポンプの電源をとりまわす加工を施す。


フィルター内の空気を抜く機能を施す。


以上が作業工程です。



では、まいります。


e0112895_423583.jpg


この付属部品のパイプを2つに切ります。

e0112895_435487.jpg


下の写真の部品を半分にしたパイプでつなぎます。

e0112895_473619.jpg

e0112895_4343653.jpg


さらにこの部品を半分にしたパイプを使って先程の部品に取り付けます。

e0112895_4123785.jpg
e0112895_4125954.jpg


先に作った部品と合体させます。

e0112895_4135814.jpg


らにディフューザー用の部品を取り付けて排水部分の加工は完成です。

e0112895_4165545.jpg


このジョイント部分にだけは接着剤の使用をお勧めします。


さすがGEXなので、何故か取り付け感が緩いんです。

正規の取り付け順にもかかわらず。


2台とも。


基本水中での使用なので多少の緩み、洩れは寛大に考えているのかな。



もしくはADAのように『手作り製品の味わい』みたいなので誤魔化すのかなぁ。



どっちにしても許さないけどね。


もし自作される場合、ジョイント部分が微妙に緩いと感じたら、瞬間接着剤や、シリコンコークなどを少し充填してやった方がベターかもしれません。



今日の作業はここまで。


明日は本体の加工に着手します。







長いと読み辛そうなので。



クラフトワークのアウトバーンを聴きながら。


読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。

今日からは。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-17 04:32 | DIY フィルター