GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

カテゴリ:水槽金魚水槽( 4 )

お引越しとお掃除。

アクアリウムは・・・





日々変化する。






今回の60Hi水槽を設置する為に、30キューブを移動する事にした。



既存の60水槽も最近ヒゲコケが出てくるので、フィルターの掃除を一緒にするか。


連休はクライアントも休みなので、店以外の仕事はまぁ、余裕がある。
早速店が終わって移動&掃除を敢行することにした。


e0112895_5361819.jpg


左から2番目が30キューブ。

こいつを左端の30HIの下に移動する事にした。

ついでにフィルターの掃除もやってしまう。


e0112895_538564.jpg


外部フィルター・外部ヒーター・サブフィルターと3つもあるので面倒くさいなぁ。


e0112895_5384259.jpg


4ヶ月ぶりかな。インペラーもきちゃない。うえ~~~。

e0112895_540381.jpg


掃除も済んで作動確認。

よっこらせい!とポジションチェンジ。


e0112895_5414214.jpg


まぁ、写真は無いけど、ミドボンやら移動したり結構大変でした。



60水槽の外部も掃除。

こっちは立ち上げ以来一度も掃除してなかったのでおぞましい映像になったので割愛します。


e0112895_5451215.jpg

おまじないのブラックホール。



・・・・何?

e0112895_5481841.jpg



何でこんな所にネジが?


別に何処もネジは外れていないし、水密のシリコンに付着している。


コトブキめぇぇぇぇぇ!


もう、買わない。








作るから。





そんなこんなで5時。




一服していると何だか腹が鳴る・・・・・・



























飯食うの忘れてた!




エアロスミスのイート・ザ・リッチを聴きながら。


読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。

いつもありがとう。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-09-21 05:53 | 水槽金魚水槽

生物 イキイキ!

アクアリウムは・・・












生物と微生物・植物のせめぎ合いなのだ。


ここで「金がかかる。」と思った人、ここのブログ、よく読んでます。別に俺、アクアはどシロウトだから、気にせず、コメントくれればいいんだよ。グリ~ンダヨ。水草だよ。

最近は帰宅してこの間作ったLEDスポットランプを水槽に照らしボケ~~~っと眺めるのが日課になっている。


e0112895_405815.jpg



またのランプが淫靡で良いんだ。


バブルの頃っぽい。



やっぱり水槽に変化が起きている。


ま、いつもの事なんだけど。


珍しく金魚水槽に異変が起きている。

新入りの金魚君(糞害5号君)が転覆病チックな様子。たまに逆さ向きになるのだ。

糞を観察してみると糞に空気が混じっている。


喰いすぎによる、消化不良で腹に空気が入っている模様。


早速隔離水槽でココア浴をさせる。ココアと食塩を少し入れてしばらくほったらかしにする。

e0112895_411238.jpg



ココアを吸引するとめっちゃウンコする。


ちょっとダイエットするまでの辛抱だ。


頑張れ糞害5号







変化する水槽の本命の方なんだけど。



いつもの30cm水槽なんだけど、水質悪くって、2日に1回、3分の1の換水(水換えのこと)してるのに水質が安定しない。水が栄養満点らしく、苔が異様なほど繁殖しまくっている。


心なしか水まで緑色っぽくなってる。


グリ~ンダヨ。

イイ~・・訳ネエだろ!



早速ひげ苔やガラスに繁殖するスポット状苔に効くし、水草の成長にも一役買うと噂の竹炭液を買ってきた。

e0112895_301053.jpg



希釈して水草やガラス壁面に注射器で吹き付ける。
しばらくしたら苔が茶色くなってエビやオトシン達のエサになるって寸法だ。





え?



エビ達が悶えてるんですけど。


あわてて2分の1換水。


症状は治まるも、水はグリ~ンなまま。


さて、困った。


濾過はセットで付いていた小型の外部式フィルターを使っているが、この富栄養化を改善する為にはこれ以上活性炭系統の濾過材を使用するわけには行かないし、何だかんだで1ヶ月過ぎようとしている状態でバクテリア繁殖用のリング濾過材を減らす訳には行かない。


我が職場はオサレなワインバー&レストラン。レストラン的要素も非常に高い(スタッフ全員調理人兼サーヴィス係)のでいろんな物がある。


e0112895_3143010.jpg



コイツの空容器を使ってサブフィルターを増設しよう。


イメージはこうだ。


e0112895_3231759.jpg



ちゃんとCADとかで説明すると思ったろ?


イイ~ンダヨ!

かつてのMIXIの日記を思い出させるレイアウト。

まぁ、水槽と濾過器の間に動力のないフィルターを増設しようって事だ。

それが水槽業界で言う「サブフィルター」なのだ。

また専用のを買うと高い!(やっぱ、それかよ!)

活性炭系の濾過材を買うのもアホらしいのでやっぱ安上がりにダイソーにて竹炭を購入。

e0112895_33355.jpg


105円也。

都合よく底床に使う砂利くらいの大きさに砕けた物だったので(普通こんな粉々のカス商品にする神経がダイソー的だよな。アクアな人にとっては最高の商品だけど。)粉砕などせずに嫁の履き古しのパンストに詰めて例の空容器に詰め込む。
中には目詰まり防止の為、水流の方向にあわせて上側に細目、下側に荒めのエーハイム2211のフィルターパッドを詰めた。


ホームセンターで買ってきた散水用のホースジョイント(60円×2)を蓋と本体側面下側に穴を開けてねじ込み、防カビ剤不使用のシリコンコークで目を塞げば出来上がりだ。



てなわけでGARCIA特製サブフィルター『みそだれ君』が完成。

e0112895_3464620.jpg


水流もそんなに落ちたようには見えないし、水漏れも無い。

225円。

ざまぁ見ろだ!

普通買えば数千円する代物がこんなもんだ。元々小型水槽向けにサブフィルターなんて作ってないからDIYするしかないんだけど。

おかげさまで水が透明になり、水草もイキイキしてきた

e0112895_3573683.jpg



あれ?


e0112895_4155079.jpg



何だぁ!?

水中に舞い散る白い奴。


あ~~~


プラナリアだよぉ~


小さい奴だから南米系の小型の奴だよ。


メチャメチャ繁殖してるじゃん。


別にそんな害を与える奴じゃ無いけど、100匹どころじゃないぞ・・・・


鬱陶しい!!



殺す!


ってか、減らす!


微生物や魚、水草や苔の力のせめぎ合い。撲滅は不可能。ってか、する気は無い。


あくまでバランスよくこっち側(飼育者)の都合よく共存してくれればいい。


ただ、過ぎたるは及ばざるが如し。


いくらか減ってもらいましょう。


さっきの竹炭液を噴きつけると数秒で死ぬらしいので、やってみる事にした。


藻事件のようにならないよう、すぐに水換え出来るようにあらかじめ換水用の水は用意しておいて、死滅させたらすぐに換水しよう。


まぁ、簡単に死ぬね。

バッタバッタですわ。


ただ、びっくりしたのは死滅した細胞を切断して分離した奴が居た事だ。



生き逝きしてる。俺の水槽。



俺の都合よく育ってくれ。









頼むから。



レニー・クラヴィッツの自由への疾走を聴きながら。


読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 用品・グッズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by sevens-door | 2009-04-22 03:51 | 水槽金魚水槽

最近の水槽達

何だか巧く行ってる水槽管理。
金魚水槽もそんなに変化も無く、彼奴等4人衆も元気一杯である。

e0112895_315730.jpg



全体的に行くとこんな感じだ。


e0112895_323743.jpg


水草のトリミング(散髪みたいなもの。ほおって置くと水草でボーボーになる。)も2回こなし、水槽もさっぱりしている。
ADAの詫び草なる水草のセットを中央に配置しているが、成長もよく、ぐんぐん伸びている。
アマゾンチドメグサなんか巨大化してきて、4人衆に引っこ抜かれる事なんて無いが、グロッソスティグマは抜かれてしまうなぁ。


ちょっとムカつく。


海老ちゃんも1回目の脱皮を終えた奴もいて、元気一杯にコケなんざ喰っている。

e0112895_341653.jpg

e0112895_3121366.jpg



脱皮してからの海老は以前よりよい働きをしているようで、最近はワシワシと水中を泳ぎ、高所の水草のコケを食べている様子もしばしば見受けられる。

写真にも見受けられるが、最近水槽に石巻貝が仲間入りした。

コイツもガラス面を中心にコケを食べてくれている。


俺、ちょっと満足。


だが、葉っぱのコケが最近目立つようになってきて、これから温かくなるに連れ、コケも増えるのでオトシンクルス(水槽業界ではおなじみのコケ取り番長通称”オトシン”)を仲間入りさせようと計画中である。


最近異変が起きたのがメダカ水槽。

処置後の写真なんだけど・・・。

e0112895_3213650.jpg


青メダカ産卵を始めてしまいました。

まぁ、結構繁殖するとは聞いていたが、割とあっさりとするものなのね。


上記の金魚水槽のトリミングした水草(直植えして増やそうと思ったが)を集めて浮き草状にして産卵用の茂みにしてみた。

写真が巧くないので、映らないが、いくつかの卵を採取して、稚魚育成用に以前使用していた20センチ水槽をベアタンクにして、産み付けた水草ごと移動して孵化を待っている。


e0112895_3262696.jpg



早く産まれないかなぁ。

もう、餌は買ってあるから。


エッジ・オブ・サニティーのブラック・ティアーを聴きながら。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by sevens-door | 2009-03-10 03:36 | 水槽金魚水槽

最近集中しているもの

水槽だ。


半年くらい前から魚を飼っている。その激動の半年を振り返ろうと思う。


事の発端は長男DIE-ROCKが生き物好きなことだ。
大型ホームセンターに行った際、フグが居た事から
「飼いたい」と。

「貯金しろ」にべも無く断ったつもりだったが、嫁と結託して貯金を始めてしまった。

フグは海水や汽水で飼うらしく(後に淡水のフグも居ることが判明)飼育が難しい事と、ヒーターやら何やら設備に金がかかりそう
(もうこの時点でやる気の無さがにじみ出ている)しかしDIE-ROCKが成績がよかったり私が可愛そうな事をしてしまったりして大幅に資金を補填してやり、機材の安価さと飼育しやすい

(後でこれが大間違いという事に気付く)だろうという理由から金魚を買ってやる事にした。


30センチの水槽セット一式を購入する。


昔と違い、フィルターも手入れが簡単だし、最近流行の外掛け式と呼ばれるフィルターはエアレーション(ブクブクと同じ効果)もする。音もほとんどしないし、便利な物が出来たと感心していた。

よし、これで終わったとほっとしていたのもつかの間、
敵もさるもの。しばらくして近所の人からメダカを貰ってきた。


何故か20センチ水槽の飼育セットを購入。
さらに嫁が知り合いから青メダカをもらってくる。(今まで飼っていたメダカはヒメダカと判明した。)

まぁ、意欲もあんまり無いし死んでしまうだろうと高を括っていたのだが。


e0112895_0553256.jpg




まぁ、一匹も死なずに生きているのである。


メダカに到っては生態系が確立しているのか、水換えもしたことないし、なくなった水分だけ補充しているのにも関わらずもうビンビンに泳いでいる。

後でわかったことだが、バクテリアという奴が、成育に重要な役割を果たしているようなのだ。

フィルターなんか薄茶色になってグズグズなのにと思っていたらその茶色いのはバクテリアが繁殖している証拠らしく、メダカ達にとっては好環境の証なのだそうな。


巻貝が大繁殖しているが、別に生態系を壊すほど水槽内に迷惑をかける訳でも無し繁殖するに任せている。 (この辺りが素人のいい加減さ)

問題金魚だ。

実はこの金魚、手軽に手に入る(縁日の金魚すくいなど)割には管理が難しいのだ
以外に熱帯魚も含む観賞魚の中でも中型の部類に属すらしくグッピーやメダカと較べると確かに大きい。アロワナや鯉と較べると小さいのだが、さすがはフナの亜種。


中型がピッタリと来る。


そして


大喰らい


糞が多い


すなわち煩わしい

単純に水槽が汚れるのが早い。

生態系がどうとか、バクテリアがどうとか、お構いなし。


とにかく汚れるのだ。

底床(水槽の人たちは水槽の底に引く砂利などを総称してこう呼ぶ。)の濾過効果のある濾過砂利を使用しているが、そんなの一切関係ない。

白くにごったりしないが、水は2週間もすると黄色い色になる。
ガンガン喰うし、ウンコはいっぱいしやがるし、飼育水の交換もバクテリアの繁殖の為と大量に水を交換すると水中のPhが急激に変化するので、せいぜい半分しか交換できない。

そうすると10日ごとに水を交換する事になる。

手桶で交換するが、
その時水槽内が攪拌され底床に溜まった糞がブワ~ッと舞い上がる。


キ~~~~ッ!!となる瞬間である。


まぁ、キ~~ッとなるのは金魚達なのだが。


さすがに可哀相になる。


飼育している金魚は子供と嫁のリクエストからピンポンパール(昔の幼児番組のような名前だ)
を4匹飼っている。

ころころして愛嬌があり、人気のある金魚なのだ。



何となくこの頃から心境が変化し始める

大型ホームセンターに行った際、ペットショップが中にあり、魚コーナーが結構でかい所で水槽の水換えと砂利の掃除が出来る便利な物を発見する。


早速購入したのだが、ふとあたりに目をやると何やら小さな瓶に魚が入っている。


ベタ(闘魚)だ。


この魚は何とか器官(ミステリアスだったかエクスペリエンスだったか・・・?)てのがあって、空気を直接体に吸収する器官を持っているらしく、ブクブクとか何も必要なくて飼育できるらしい。

オス同士同じ水槽に入れると死ぬまでケンカするのでランブルフィッシュって言うそうだ。

ファイティングスピリッツ溢れる魚。


漢(おとこ)は独りでロンサムロード。

e0112895_225643.jpg


飼育の手軽さも気に入り2匹購入。

しかも自分用。


金魚の水槽もお掃除ラクラクになったし新しい仲間も増えたし(やや、言い回しもフレンドリー)
いいんじゃない。と。



しかしこの頃からを迎え始める。


どうもベタの様子がおかしい。1匹が元気が無い


翌日にしてしまいました。
(水槽業界の人々は逝かせてしまうとこう表現する事が多い。)

早速調べた所、ヒーターをして26℃に管理してやるといいとある



室温で十分育てられるとあったが、嘘じゃん



コンチクショ~!



外部式パネルヒーター『ピタリ適温丸型』即、購入。

すまぬ、赤色のクラウンテール君の死は無駄にしない。

君の色にちなんで綴りは違うが、ツェッペリンと名づけよう。



・・死んでからかよ。


続いて金魚水槽も雲行きが怪しい。

ピンポンパールは外タレ(中国産など)は水温が24℃くらいで飼育されているらしく、ヒーターの管理が望ましいそうな。うちのパールは(ジャニスのアルバムのようだなぁ)国産でヒーター管理は必要ないと言っていたのにも関わらず、生態の傾向なのか、昼間人がいないせいもあって、水温が異常に低そうだ。(温度計もつけてない。酷い飼い主だ!反省。)

餌の食いつきも悪いし、水底でじっとしている事が多い。

普段、愛嬌があるゆえに非常に心苦しくなってくる。



ヒーター(定温型)購入。


お優しい限りである。


当然、連中は元気を取り戻し、猛然と食欲が復活する


第二次糞害戦争勃発。


水替えと掃除の日々を繰り返す。



この頃からお勉強をし始めて、フィルターの容量が足りない事が判明する。


簡易式では容量が足りない。

上部式(簡易式を大掛かりにしたような装置。それなり五月蝿いと聞く。)なり、外部式(濾過能力が強力らしく、やたら静か)が必要かなぁと思い始める。


上部式と較べて外部式は高価らしい。外部式は濾過装置が密閉式なので上部式と較べてエアレーション(空気を取り込む機能)が弱い。



さらに出費が予想される。

しかし、ここまで来れば意地である。

可愛いパール共の為一発発起してプロジェクトを発動させようではないか!


題して『綺麗な水槽プロジェクト』


今月の頭に家族で船橋に宿泊した際、ホテルの向かいに大きなショッピングモールがあり、そこに大きなペットショップがあった。

旅行気分も拍車を掛けたのだろうが、そこで外部式フィルターと水槽がセットになった商品を発見する。

e0112895_355075.jpg


即購入。

やたらめったら丁寧で詳しい店員のおかげで底床を掃除する魚も居るという事実も判明する。

ドジョウである。

普通はコリドラスやオトシンクルス(ナマズの仲間水槽の掃除屋さんで有名)を選ぶのが妥当なのだが、コチとら金魚飼育に気合を見せる侠気満載の私。

純和風で行く。

と言う事で縞ドジョウにした。(アルビノは嫁が気持悪いとの事。)

雰囲気を出すのに流木なんかも購入してみた。


帰宅して早速開封してみると、なんと3灯の蛍光灯も付いているではないか!


早速勉強すると水草の飼育が可能なライトらしい。


Co2の添加や施肥、いろいろ問題があるが、今度はプロジェクトの施行期間。がんばって『綺麗な水槽』を作る為には
努力もつぎ込んでやる。


初期と較べてあきれるほど姿勢が180度回頭している。


実は30cm水槽の時、水草を入れたのだが、カボンバやアナカリスを除いて高額水草は全部ダメにしてしまった経歴がある。


リベンジだ。


地元のペットショップに赴き、濾過砂利を追加購入。どうもこの砂は魚の糞や水草の枯葉などとケミストリーを起こし(俺はケミカルブラザースの方が好きだが、)水草の肥料に変化してくれるという器用な奴らしいのだ。

さらに蛍光灯を使用するとコケが増えると解ったので、掃除集団の
純和風ヤマトヌマエビを5匹購入。
水質も『綺麗な水槽』を目指す事にした。

水草を勧めてもらうままに色々購入(この辺は変な名前ばっかでよく解らない。)

ヒーターも温度調節付きの物を購入。

さらに魚の火傷防止の為カバーも購入。



優しさが垣間見れる。


・・・自分で言うな。


温度計も購入し、色々考え、水槽導入の為濾過槽の濾材も吟味して・・・・


完成したのがこれだ!


e0112895_3345373.jpg



半年いろいろあったが、自分も含めてこんなに変化するもんだと感心した。


これが現在の
 『綺麗な水槽』だ。



しかし、ここからが茨の道になるとは思いもしなかったのだ。




どうも水草飼育と金魚飼育は相性が悪いそうなのだ。


金魚は水草を喰らうらしいし、遊んで引っこ抜くみたいなのだ。



これからの格闘は随時レポートしていくつもりだ。





何で俺って困難な選択するのかなぁ。







YESのThe FISHを聴きながら。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村
[PR]
by sevens-door | 2009-02-18 04:09 | 水槽金魚水槽