GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

タグ:アクアリウム 初心者 ( 9 ) タグの人気記事

質問にお答えします。トリミングって具体的にどうなんよ?その4

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。



ブログ仲間の箱水庭様からの質問にお答えして行こうと思います。


まぁ、素人のいい加減な話なんで話半分に読んでいてください。




トリミングって・・・・・水草好きにはしょっちゅう聞くコトバですが、具体的にどうすればいいのかよくわからないことが多い。



かつての私もこんな感じ(クリックすれば飛びます)


トリミング・・・


実は手入れの手法の一つで、広義的に広まってしまい、水草の手入れをする総称的な意味合いで最近使われているので、混乱してしまうようです。




もう、説明はいらないかなぁ。なんて思っていたら、やはり気になっていたことが現実になる。


そう、陰性植物の類のトリミング&差し替え・差し戻し。






もう大丈夫やんな?tyuntyun。













いやいやいやいや!







そんなことあれへん・・・・。








そうですよね。中途半端はいけませんね。






という訳で、陰性植物の類の手入れについて少し書いてみたいと思います。




まず、クリプトコリネ。



私の水槽ではウエンティー・グリーン、ウェンティー・ブラウン、ワルケリーなど、割と育成の簡単な種類しかありません。


e0112895_1154933.jpg



ただ、今までの短い経験の中で私がクリプトを育成した感想としては・・・・





底床がこなれて来ないと、溶けてしまうことがある。




という事でしょうか。



今では何でもグングン育つ我が水槽。



とにかくそれまではクリプトは鬼門でした。



まぁ、溶ける事、溶ける事。









植えました。










色が黄色くなりました。











茎が透明になりました。











エビが食ってしまいました。





の繰り返し。











キィィィィィ~~~







な水草でした。





何の因果か1年ほど水槽を維持していたら、水質が良くなり、クリプトも難なく育つようになりました。



底床さえ安定していれば、特別神経質にならなくても育っていきます。


トリミングと言うよりメンテナンスに近い感じです。古くなった葉が黄色く変色してくるので、それをピンセットなどで取り除いてやるくらいですね。

次々株が増えていく感じですので、取り出して根と茎の分かれ目辺りをほぐしてやれば株は増やせます。


一旦、抜いてしまう場合、結構根張りがすごいので、ズア~っと根が出てきます。

中心の太い根は切らないように注意です。植えなおしの際、調子を崩したり、最悪の場合枯れたりします。

長い根っこは割り箸などで芯を作り、くるくると巻いてやり、割り箸をはずし、植えなおしてやると植えやすいです。


あと、中景と前景の間に植えることが多いので茎が丸見えになってみすぼらしく見えるので斜めに植えたりして見る側からあまり茎が見えなくしたり、茎に当たる部分を隠すように私の場合、アヌビアス・ナナ・プチやヨーロピアン・クローバーなど光が弱くても育つ背の低い水草を植えて調整したりします。

e0112895_1411381.jpg



また、高さを出したい場合、後ろに大振りになるミクロソリウム・プテロプスや、同じくナローリーフ何かを植えてやるとさらに自然感が出るような気がします。

また、茎の長くなるクリプトでもいいかもしんない。

e0112895_2191040.jpg


導入の際は、しばらくポットのまま水槽に入れておき、様子を見ます。
ポットのロックウールのところに私は注射器でハイポネックスの2倍希釈したものを注入して芽が増えてきたのを見計らって植えていきます。

そうすると結構なじみが早い感じがします。




次はミクロソリウム。

こいつは活着(くっつく)する性質があります。木や石にテグスやビニタイなどで巻きつけてやれば1~2ヶ月でくっついてしまいます。


私は面倒くさいので大抵瞬間接着剤でくっつけてしまいます。


これには増え方が2種類あります。


一つは葉の裏側に胞子嚢(ほうしのう)というものを形成してそこから子株を作るケース。

e0112895_1363617.jpg


e0112895_1393028.jpg



後は根幹から増える、普通の植物と同じケース。

e0112895_1444959.jpg


私の場合、初期の水質が安定していないときの方が胞子嚢で、安定してきてからは根幹で増えることが多くなります。

なのであんまり最近は胞子嚢で増えてくれない・・・・


陰性植物とはいうものの、光の良くあたる部分で育ててやる方がより綺麗な葉を形成していきます。


後、水流を好みます。私の水槽では吐水口(リリィパイプ)の真下で育てています。苔も付かずに綺麗に育ちます。


ただし、水質が安定してることが条件ですが。


不安定ですと、どこに置いたって苔は生えます。


ナローリーフなどは後景に設置したりするケースがあると思いますが、底床に植えても上手く手入れがしにくいので、小石などに活着させて置いてやる様にすれば簡単に手入れをしてやれるので便利だったりします。



次はボルビティス・ヒュデロッティー。

これも基本ミクロソリウムと同じく活着する性質があります。

ただしこの水草の場合、胞子嚢では増えません。

根茎で増えます。

e0112895_25763.jpg


水質が合って、水に慣れてくればガンガン増えます。非常に新陳代謝の早い水草なので、水面到達すればやがて水上化します。


オープンアクアリウム(蓋をせずに水草水槽する事)での醍醐味の一つですね。


新陳代謝が早いゆえに、しばらく放置していると葉が黒ずみ、スポット状の苔が付いてしまうことが多く見受けられるようです。

e0112895_264445.jpg


こまめに葉を切ってください。次々新芽が出てくるのでご心配なく。根茎があれば全部切ってもまた生えてきます。

e0112895_284713.jpg




最後にアヌビアス・ナナ。


こいつはとても強い水草で初心者にもお勧めなんていわれてますが、とんでもない。


e0112895_2183163.jpg



枯れないだけです。



苔は滅法付くし、初心者には私はお勧めしません。


枯れないだけに、いつまでも汚いまま居座ったりするので、うっとおしいです。
木酢液などで苔は撃退できますが、嫌気が差します。


なので水質の安定した水槽になってからの導入をお勧めします。


何故初期では苔が付きやすいか?


初期では植える水草も少なく、光の当たるところが多いので、どうしてもこけ易くなります。

こいつは徹底的に陰に植えてやってください。そうする事で初期水槽に導入する際もできるだけコケに見舞われなくて済みます。


あと、この水草も活着します。底床に直接植えることもできますが、葉が大きくなってしまったりして思い通りに育ってくれません。ナナ・プチなどで顕著に見られます。

一旦小石などに活着させて配置してやったほうが無難だと思われます。






もう、ええかな?tyuntyun。


あとわかんないのがあれば、言って下さい。





懲りずに書きますから。




e0112895_2374663.jpg




このシールいっぱいあるんですけど、要る?







レッド・ツェッペリンのブラック・ドッグを聴きながら。







後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2010-06-08 02:39 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その11~照明は専用管でないといけないか?~

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。




さて、照明について書いてみようかと思います。


植物は基本光がないと光合成しません。


まぁ、当たり前なんですけど。




結構巷の専用管、高くないですか?





たかだか蛍光管1本に数千円かけるのは大人の私はともかく、学生さんなどは結構痛い出費だったりしませんか?



専用蛍光管は確かに水草などを育てるには有効な電球だと思います。



では、一般の蛍光灯では水草は育たないのか?




と問うた時は・・・・




NO!
e0112895_520657.jpg



なんです。




実際育ちます。




植物が生長するに必要な波長が蛍光管に含まれていれば、一般家庭用の蛍光灯でも十分育ちます。



ただ、不都合も結構あったりします。




これから数回に分けて市販の蛍光灯でも結構いけますぜ。


なんて事を実験してみようと思っています。




私は60センチ水槽で20W管4本を使用しています。




結論から言うと





パルック・プレミア:クール色2本とパルックプレミア電球色2本の組み合わせでうまく行きました。


e0112895_5213490.jpg


(実験中の水槽(左側)。電球色使用で若干色味がオレンジがかっています。)



何故?




というのは次回からです。




ええ~~




という方もおられるでしょうが、私の場合、いろんな意味でこれがベストブレンドになりました。





実はいろんな組み合わせを試しました。



クール4本


クール2本・ナチュラル2本


クール1本・電球色1本、ナチュラル2本


クール2本、ナチュラル1本、電球色1本




まぁ、いろんなドラマがありました。







で、詳しくは次号を待って。







仕事忙しいのよん。





グレイトフル・デッドのアオクソモクソアを聴きながら。








後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2010-03-10 05:27 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その7~水槽の中はどうなってんだよ~

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。


前回の予告とは裏腹に忙しいのも省みず、っていうか現実逃避の為に書いてしまったりしてます。


今回は水も張った、草も入れた、フィルターも廻して電気もついてます。

タイマー管理で照明とCo2の照射及び添加はおおよそ8時間程度している事と思います。





そして・・・奴はやってきた。




ファッキン苔



(こういう場合、中指立ててよし!)




そして魚の相次ぐ☆・・・・



(こういう場合、泣いてよし・・・)




前回も述べましたが、時間が経つとほとんど目立った苔は出なくなります。


髭苔と藍藻くらいです。上級者がてこずるのは。


そして水質が安定するとまぁ、よっぽどコンディションが悪くなければ魚が死ぬ事が無くなります。




では、このトラブルが減るのはどういった現象が起こって減るのか。


その一部分を紹介していきたいと思います。


詳しい話は本でも読んで勉強してください。


私は経験に基づき客観的にしか説明しませんのでそこん所よろしくです。



で。


バクテリアの話になります。

色々詳しいのは省いて、時間の経過と共にバクテリアの性質が変わっていきます。



初期:

水道水や濾過水は細菌がほぼ居ない状態になっています。
空気中や水草、ソイル・魚などからバクテリアが水槽に繁殖し始めます。




まずもって水槽で最初に出る厄介な物質がアンモニアです。



まぁ、鬱陶しい奴なんです。

e0112895_903566.jpg


人間も要らないので体から排出します。

という事は、魚からも排出されます。
魚には膀胱が無いのでエラからアンモニアは排出されます。
なので呼吸をする作業と同時にアンモニアを排出します。
さらに糞などもアンモニアを生成します。



初期に水槽の水替えを頻繁にするのは水槽内にアンモニアが充満するのを防ぐ為でもあります。



ただ、世の中には便利なやつがいます。

e0112895_91296.jpg


アンモニアを分解するバクテリアがいまして、そいつが最初がんばって繁殖していきます。
こいつはアンモニアを亜硝酸という奴に分解してくれます。


この時点でアンモニアにせよ、亜硝酸にせよ、魚には毒でしかありません。
なので生命力の強い魚を水槽に入れます。




これがアクア用語で言うパイロットフィッシュという奴です。



e0112895_913525.jpg






じゃぁ、魚が死ぬのなら入れなきゃいいじゃん。




といいたい所ですが、魚からアンモニア出してくれないとバクテリア、増えないんですよ。



なので、決死隊(パイロットフィッシュね)が必要なんですよ。



で、バクテリア君がアンモニアを酸化させて亜硝酸イオンという奴に変身させてくれるのですが、これではまだ役者が足りないんです。


e0112895_92386.jpg



次に発生してくる頑張り屋さんは硝化細菌という奴です。こいつが亜硝酸イオンを硝酸イオンに酸化してくれます。

さらにその硝酸イオンを水草が吸収して育つんです。


ですが、多すぎるとやっぱりよろしくないので、水換えをするんです。





アンモニア分解バクテリア君と亜硝酸分解バクテリア君がガッチリタッグを組んで初めて水槽は生物が生息するに足る環境になるわけです。

e0112895_923861.jpg




その最強タッグ具合と来たらジャンボ鶴田・前田日明組というくらい夢のタッグ具合な訳です。



その夢のタッグが出来るまでその間・・・・



3ヶ月。



耐えて耐えて、七色スープレックスが炸裂するわけです。


そこで早く夢の水槽へ移行していきたいアナタ。



経験と理屈からからちょっとしたスピードアップが出来ます。



アンモニアは少なく、硝酸イオン吸収を多くする。のが理屈なら、



魚は少なめ、草は大目って言うか、大量に植えまくる。


そうすれば少しは早く水が出来るかもしれません。









が、苔はどうするねん。





それは栄養バランス。





3つの栄養素がバランスよく配合されたペディグリー・・・・・




ではなくて




3つの栄養素をバランスよくコントロールする事が、苔を出さないコツだったりします。




なので次回は栄養の元・ソイルのコントロールについてお話しようと思います。







レッド・ツェッペリンのブラック・ドッグを聴きながら。




後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-12-22 08:18 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その6~苔との戦い人格編~

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。



やっと、苔ですね。

そろそろ年末デスロードがスタートするのでチョビットこの企画は休みになると思います。

しばらく普通のアクア日記になるでしょうが、正月休みに水槽立ち上げたい方の為に出来るだけ早く復活させる予定です。


最初に苔について話す前に、購入したものをまとめてみましょう。

水槽・ソイル・照明・フィルター・ヒーター・CO2添加キットは購入しましたか?


GARCIAおなじみCAD図で簡単なセット例を説明します。

e0112895_3542795.jpg


別に前が低めに・後ろは高めになんていいますけど、まず時間の経過とともに平らになってしまいます。

でも、やらないよりやった方がいいと思います。

それと、普通はそんなにソイル盛りません。

でも、最初の水槽って、思い入れがあるのか、結構長期にわたって変遷していきながらも維持してたりするものです。
なので、追肥(ソイルや肥料を追加する行為)するのも回数を減らしたいので最初の水槽くらいは長期維持向けにセットして、気長に付き合ってあげましょう。

e0112895_3544318.jpg

フィルターは箱などの説明どうりに設置すればいいです。シャワーパイプタイプなんかは水流が強いと穴を大きくしてやれば解決します。私は水槽の上のほうに設置して排水口を水面に向けて使用しています。

リリィパイプなどのガラス製品なんかは水流が強いので、いろいろ悩んで設置場所を変えながらベストポジションを探しましょう。


e0112895_3551248.jpg

CO2キットは説明書どうりにやればいいです。キット内に逆流防止弁が付いてないものもあるので購入の際は気をつけて中身を吟味する事。


照明とCO2は1日8時間程与え続けましょう。面倒くさい人はタイマーとか電磁弁なんかを購入して楽に管理しましょう。
e0112895_3564632.jpg

e0112895_357121.jpg



まぁ、これでセット完了。


カッチョイイ水景を目指すなら、石や流木を置いたりして好きなようにセットしてみよう。


そして我慢コースの好きなほうを選んで好きな水草を植えるなり、枯れにくい水草選ぶなりして植えてみましょう。
魚についても同じで、散財地獄コースの方は好きな魚入れてください。死亡率は非常に高いです。
我慢コースについてはアカヒレや安い金魚なんか入れるといいでしょう。ただし、なかなか死なないので、後々邪魔者になったりします。



さて、セットしました。

やぁー綺麗だなぁ。なんていってるのもつかの間。

何だかモヤモヤしたトロロコンブ状の苔がまず発生します。

e0112895_494846.jpg

アオミドロといいます。
e0112895_4101236.jpg

水面にも発生。ぎゃぁぁぁ~~~!
e0112895_4103624.jpg

指でもつまんで取れます。
こいつ初期に結構発生します。

この写真は撮影の為にわざと発生させました。上級者でこれが出る人は照明の照射時間と直射日光、そして水流が弱くなっていて、残滓が多いか疑ってください。
CO2・照明8H、フィルター停止して20日するとこんな感じになります。

水質が安定すれば出なくなります。




ここでエビの登場です。

最初から入れておいてもいいです。ただし、水質が安定していないので結構死にます。

最初は生命力の強いヤマトヌマエビなんかを入れておけばいいです。
e0112895_358629.jpg


このトトロコンブ状の苔は手で取るのが難しいです。

なのでエビにとってもらいます。

検疫という儀式がありまして、木酢液なる商品がホームセンターで売っているのでそれを買ってきて、5倍希釈位して買ってきた水草サッとくぐらせて水洗いします。それを一晩ほどバケツの中に水を張って漬けて置き使用するという儀式です。

この木酢液、苔の類をぶち殺します。

e0112895_4175323.jpg


変色して死にます。

それはエビとかが食べてくれます。

最初にやっておくと水槽内に苔を持ち込むのを減らせます。


買って損はないというか、必需品です。500~800円くらいで売ってます。


さぁ、人格別に苔との戦いが始まります。


几帳面で熱心な人はこの時点で色々な原因を探っていきます。




苔を増やさない為にはまず、水換えだ!

そして水草の生長をよくするために肥料だ!コーティング材だ!メネデールだ!と騒ぎ出します。

水中に不必要な養分がいっぱいあるから苔まで栄養が廻るんだから肥料は要らない?



え?いる?


要らない? 



よく解らんが、水質安定剤が効くそうだから入れてみよう。





瞬く間に薬剤が増えていきます。




考えれば考えるほど薬品は増え、一向に苔は収まらない。



そんな生真面目なあなたは・・・・




何もするな。






が正解。



水質が安定するまでは苔は必ず出ます。


でも、水換えを立ち上げ初期に頻繁にやりすぎると、水質が安定せずに、何時まで経っても苔が出ます。



最初は苔など気にせず、1週間に一度、水槽の半分、水替えをするだけに留めましょう。



『おい、何処の本でも最初は毎日換水って書いてあるぞ!』


と思う方、結構居ると思いますが・・・・





メーカーの罠に嵌ってるよん。





そりゃあんなに水換えすりゃ、水質なんて安定するわけ無いわな。



安定するまでの間に要らない商品(水質安定剤など)を売りつける事が出来ますからね。




まず、いっておきますが、水質安定剤、液状CO2濃度増加剤、PH調整剤など、水質関係の商品は使わなくていいです。



一生。


コントラコロラ××も要らない。


4in1も要らない。




水質関係で必要なのはハイポ(カルキ抜き)だけで十分です。

e0112895_4281654.jpg



溶けるのに時間がかかってめんどくさい人は25~6粒を500CCの水に溶かしてコントラコロラ××と同じ割合で水に入れてやればOK。




水道水で水槽に不必要なものはカルキ(塩素)なのでそれを中和できればいいです。

中には水道に含まれる重金属類(私はヘビーメタルと呼んでます。音楽なら好きです。)を除去する売り文句で中和剤を売ってますけど、重金属を分解・中和なんて簡単に出来ませんし、そんなのが多量に入っていたら人間だって飲めません。自然界に普通に存在する程度のなら入ってますけど、それは池や川でも同じです。



だから、真面目な故に騙されないようにしてください。


浄水器なんか買ってる人いませんか~。



家庭用の簡易浄水器で十分ですよ。

それがあればハイポも要らないです。


別に買ってもいいですけど、高いじゃん。


勿体無いです。


そんなことにお金を使うなら、そのお金を水草代や熱帯魚代に廻せばいいじゃ無いですか。




話は戻り、こんな事では苔が発生するではないか!






発生するならさせておけ。


いずれ時が来れば減る。





最初の1ヶ月は手で取る。エビに任せる。


2ヶ月目から水替えを週2回2分の1にペースアップする。


3ヶ月目からは週1~2回3分の1にペースダウンしてこのまま続ける










その頃には魚も死なず、水草もイキイキとしてきます。


さぁ、要らないものは買わないでね。勿体無いから。



次はその3ヶ月の間、水槽の水はどうのように変化していい環境になるのかお話します。




☆今日追加購入したもの

タイマー(980円~1万円くらい値段・性能は様々です。)

電磁弁(チャームで一番安いのがセールで2999円)

木酢液(ホームセンターの園芸コーナーで500~800円)






サンハウスのやらないかを聴きながら。








後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-12-11 04:03 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その5~我慢合戦~

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。


さぁ、道具が出揃ってきた。

水を入れれば何とか水槽できますね。


外部フィルターにろ材を投入して・・・・




濾材?


まぁ、最初は付属のろ材でいいと思います。

リングろ材といわれるものなら何でもいいです。(ろ材については後々特集を組みます。)

e0112895_534029.jpg


結構こだわりが出てくるといろいろいい奴買ったりしますけど・・・まぁ、付属濾材でリング状のものが入っていればまぁ、失敗は少ないです。



私の率直な感想ですが、(あくまでも)




正直、どれでも同じです。

極端な話、軽石やスポンジをサイコロ状に切った物でもろ材は出来ます。

ただ、いろいろ解ってきてからやっても遅くはありません。そこの初期投機については私の場合、かけても損は無いと思います




水質が完成すれば、という条件付ですが。



その水質の出来上がり時間や、交換または掃除までの差はあれど、出来る水質はそんなに変わらないです。

誤解が無いように紐解きますと、実際同じものを同じ条件で使用したとしても水槽ごとで癖みたいなのはあります。

水草も相性みたいなのがあって、水槽ごとに上手くいくものもあれば、上手くいかないものもあります。


要するに上手に環境・水草・生体の性格を分析して、それぞれに合ったものを使用すればいいということです。





ただよぉ~~~




その相性がわかんねぇんだよな。


解っていれば失敗しないって話なんですよね。



そう、素人は入れたい時に入れたいものを入れる。



だって綺麗だったんだも~~~ん♪



そりゃそうですよ。

やりたいなぁ。と思って一発発起して始めた水草水槽。
雑誌や本で散々綺麗な水槽見ていて、すぐにやりたいと思わない奴、います?




絶対やりたいし、しかもすぐやりたいんですよ。



だから失敗するんです。


水質と水草の相性?

知ったこっちゃねぇし、俺はあの写真みたいなのすぐ作りたいの!




そして私は様々な失敗を繰り返すわけです。


アヌビアス・ナナ?
e0112895_5272158.jpg


ウォーター・ウィステリア?
e0112895_5274564.jpg


アメリカン・ウォータースプライト?
e0112895_528114.jpg


アマゾンソード?
e0112895_5281854.jpg


ハイグロフィラ・ポリスペルマ?

e0112895_5283280.jpg


どれもADAの水槽には入って無いじゃん。(多分入ってると思いますが、当初は気になってない。)


ブリクサ・ショートリーフ
e0112895_5285296.jpg


キューバ・パールグラス
e0112895_529936.jpg


グロッソスティグマ
e0112895_5292284.jpg


クリプトコリネ・ウェンティー
e0112895_5293911.jpg


グリーン・ロタラ
e0112895_530796.jpg


マヤカ
e0112895_530202.jpg


ミリオフィラム・ガイアナドワーフ

e0112895_5303869.jpg


こういうカッチョイイ水草でレイアウト水槽を作りたいし、人があんまり使わない珍しい水草でやりたいの!


って思うんですよ。



まじで。


そんでもって苔まくって差し戻しや、トリミングなんて専門用語も知らないまま貴重で高価な水草たちが闇に葬られていくわけです。


そこで大きな分かれ道。


2種類の我慢があります。

1つは好きなものを入れて枯らして学習していく、悔しさ100万倍&散財地獄の我慢。

もう1つは出費を抑えて、水質が出来上がって枯らさないようになるまで、欲しい物はひたすら我慢。 



やはり我慢は付きまとうのです。





あれ?




苔の話にたどり着かなかった。




次は必ずコケとの戦いを話します。


予告として、苔に悩まされるタイプで大きく分けて2種類の人がいるんです。



一人目はぼんやりしていてコケる人、


二人目は考えすぎてコケる人。


苔にもいろいろありますが、私は苔は自然的に発生するものと、人為的に発生するものがあると思います。



次号をお待ちください。





テスタメントのDNRを聴きながら。











後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-12-10 05:19 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その4~懐具合と知識不足の戦い~

アクアリウムは・・・・




癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる





事実です。


さぁ、前回の日記で器具を揃えた方、まだまだ安心するのは早いです



時期が暖かければこれでとりあえず水草水槽を始められます。



が、1つ買い忘れたものが・・・・・



ヒーターです。


冬の日本で生えている雑草はあまり無い。

同じように水草だってそんなに頑張って生えてる種類も多くは無いんです。


ヒーターも買ってまぁ、足りないものはまだまだありますが、水草を育てても、後々必要なものを購入していけば早々枯らす事は無くなります。






さて、ここから3ヶ月は地獄の日々が始まります。



私の始めての水草水槽はグロッソじゅうたんの石組水槽が目的でした。


e0112895_79775.jpg



水を入れた直後の写真ですね。


最初は2つの石の間にキューバパールグラスの道みたいなものを作って両脇がグロッソの平原みたいなイメージを考えていたのですが・・・




まずトラブルに巻き込まれたのが、キューバパールグラス。


まぁ、根が短い水草で購入したのがトロピカ社のポット。
気張って2500円程はたいて購入した覚えがあります。(その頃チャームなんて知らなかったし・・・)
ADA社の侘び草はまだキューバがあるなんて知らなかった頃。




根が張らずにまぁ、抜けるは抜けるは・・・・・・


ほぐして植えるなんて技術無かったし、地中に軽く埋めてしまうなんて技術も知らなかった。なので串刺しにして強引に沈めたわけです。


さらに一旦枯れたようになって、そこから水中葉が出てくるなんて知る由もない・・・






えあ!?






水中葉?



そう、水草を知るにはこれを知らないといけない。



実は水草も地上で育つ力を持ってます。

他と違うのは、水中でも育つ能力があるということなんです。







そんなの当たり前やんけ。


と思う人は水草水槽やってるから言えるんです。






以外に単純かもしれませんが、そこ、重要なんですよ。


水中でも育つ能力・・・・・





水中用の形態があると言う事になります。



ガンダムで言うなら、ザクは宇宙と地上で戦闘を想定して作ってあるが、ゴックは地球上で活動するのが目的なので地球の7割が海(水中)のある地球では水中での活動を想定したモビルスーツを開発する必要があったということです。


地上の植物は地上でしか育ちませんが、ほとんどの水草は地上と水中で育つ事が出来ます。




で、まとめますと・・・・




ザク=地上でしか育たない植物




ゴック=地上と水中で育つ事が出来る植物




グラブロ=水中でしか育たない植物


という事になります。


グラブロ・・・・まぁ、こいつになやまされるのですが。



ガンダム解る人なら解るでしょう。何故ズゴックじゃなくて、アッガイじゃなくて、ゾックじゃ無くてゴックなのか・・・・


ゴックは水中では水中の形に変形して行動するからです。(腕を収納しますよね)






話を水草に戻すと、水上で育つ形態と水中で育つ形態が違うんです。


見た目も変わります。



例えばグリーン・ロタラという水草があります。

水上で育つ為の形態が


e0112895_7384922.jpg




水中で育つ為の形態が

e0112895_739252.jpg



そのメタモルフォーゼ、ゴック以上


種類にもよりますが、こんなに形態を変えてしまいます。




理由は追々書きますが、初心者はこの変態(俺じゃないよ、形態変化することね)が解らない。


それを知らないが故に、水上葉から水中葉に変化する時、枯れたようになるのを勘違いして枯れたと思ってしまいます。



種類によってそんなに枯れたようになったりしない種類や、水上葉と水中葉に見た目あまり変化の少ない種類もあります。



それが・・・キューバ・パールグラス・・・・




しかも水中化に時間がかかる品種なんです。


写真では見ていたキューバパールグラス。

水中で見たものと、購入した物がそんなに変わらない・・・・




しかもショップでは水中に沈めて売っている。



素人にその差が解るはずないやんけ!






e0112895_843271.jpg


という訳で、枯れたようになってしまったキューバパールグラスは撤去されて・・・・













e0112895_7581569.jpg


グロッソ・スティグマだけの平原と化してしまうのあった・・・・





その時点で2500円がパァ。



そこで極意その4。

とにかく諦めずに、様子を見よう。





水草水槽失敗の罠は水草を購入する時からすでに始まっているのです。



失敗しない為の智恵(これは知識ではない。経験から悟った智恵なのだ。)その1


水中葉か水上葉かよく確認して購入する事。

種類によって水上葉で購入した方が綺麗に育つ種類と水中化してから購入した方が調子がいい種類があるので、しっかり知識を吸収するなり、知ったかぶりせずにショップの人に尋ねて購入する事。






そう、知ったかぶりも敵。





しかし、そうこうしている内に・・・・・





グラブロにやられてしまうんです。



次回は水中でしか生息できない植物、水草水槽の天敵、藻類との戦いのお話をします。







ベックのデビルズ・ヘアーカットを聴きながら。








後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。




読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


良き水草ライフがあらんことを。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-12-06 07:54 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その3~いろいろ足りない~

アクアリウムは・・・・




癒されるのは間違いないです





しかし、面倒くさいし、金もかかる。





事実です。




さぁ、この話も3回目。私の実際の失敗談の話が続きます。



私の始めての水草水槽はこれです。



e0112895_5412887.jpg




綺麗ですねぇ。

という方はすごくお世辞の上手い方か、素人です。




これじゃぁ枯れるぞ。

という方は大丈夫です。この記事読まなくても



つまるところ水草を育てるために重要なものが結構足りないんです。



水草を育てるために必要なものが生体(魚たち)を育てる以外で結構不足してるんです。この水槽。


小学生の理科でも言う事ですが、基本地上でも水中でも必要なものはどちらも同じなんです。


すなわち












空気



です。

この水槽、光は基本足りてます。もっと足せば尚いいんですが。8W×3入っているので何とか育てる光量はあります。

次に水。これも足りてます。水槽ですからね。

次に土。すなわち畑で作物が育てられるのはそれだけ土壌に必要な栄養素が含まれているという事。
この水槽はジャリなので微量元素(ミネラル)などは多少含まれていますが、植物が主に必要とするチッソ・リンサン・カリウムが含まれていません。

詳しい話は次回に廻すとして、栄養がまず足りません。


そして空気。

主に二酸化炭素。(深い話は次回以降)

光・栄養・水・二酸化炭素を使って植物は光合成を行い、成長していくわけです。

その二酸化炭素も、足りない。




結果、植物達は成長をストップされてしまい、やがて矮小化(小さく縮れてしまう)してしまいました。


今から思えば不親切極まりない説明書き。

外部フィルターと照明、水槽のセット。




エーハイ×!

水草が育てられると書いていながら、結構足りないものが多いじゃないか








しかも、枯れるまでとはいかんが、キチャない水槽になってしまったではないか!



まずこの時点で水草水槽を諦めた人、半分以上いるだろうなぁ。



そこで水草水槽の極意その3:


諦めるのはまだ早い。情報収集だ。


手っ取り早いのはインターネット。

このブログの下に水草というバナーがあるのでそこを押せば200以上のブログサイトが水草についてブログを書いていたりします。

なるべくたくさん見てください。

人それぞれ経験や、困ったことが違ったりするので、たくさんのお話から参考にしてください。

また2ちゃんねるなどにもアクアリウム版なるものがあり、玉石混交ながら情報はたくさん転がっていたりします。



次に書籍。


読書が好きな私はたくさん読みましたが、読むなら月刊誌のアクアジャーナルをお勧めします。


やはり水草育成、及び育成器具開発のパイオニアメーカーだけあって、必要な事はほとんど載ってます。

e0112895_5421440.jpg


注意点は必要ないものも結構紹介している点です。


商売上の理由により、水草水槽でも器具さえ整ってしまえば壊れない限り設備面ではそんなに出費が無くなります。それでは商売に支障をきたすので、あまり必要ないものも販売してたりします。

それも追々お話していきます。

この件についてはアクアジャーナルに限らず、各専門誌でも同じ事が見受けられます。
今話しているのは、アクアリウムの中でもさらに小さいジャンルの水草育成に焦点をあわせているので、アクアジャーナルはどの号でも基本水草育成はメインの話なので、参考にはなります。

しかし、この本は基本、本屋には置いていません。(東京駅の丸善にはおいてありましたが)

アクアショップで発行元のADA(アクアデザインアマノ)の製品を取り扱っている熱帯魚ショップで販売されています。


しかし、


もっと手っ取り早く教えてくれ!


という方に、私なりではありますが、書いておきます。


金、かかります。散財の覚悟は出来ていて読んで頂いているでしょうから、これ以降は金がかかるのは当然という事で進めます。



0:水槽。好きなサイズでいいですが、後々アクア熱が高まるでしょうから、最低60×30×36サイズ以上、お勧めは60×30×40、またはそれ以上のサイズを買ったほうが後々、後悔しないかもしれません。




1:光。蛍光灯でまずは始められればいいと思います。デザインが綺麗なのもあります。蛍光灯ではなくてもっとすごい光源もあります(メタルハライド電球やLED電球など)が、まずはムラ無く水槽を照らし、価格的にも安価な蛍光灯を私はお勧めします。


水草を育てるには鑑賞程度に必要な光量では育ちません。本などでは60cm水槽で3灯以上で育てられますなんて事が書いてありますが、ケチケチせずに水槽全部に入れられるだけ入れたほうがいいと思います。

諸説意見もあるでしょうけど、光量が多ければ消せばいいことですから。



なので2灯(20w×2)入っている蛍光灯を最低2つ入れましょう。

e0112895_5593638.jpg



スリムタイプなら3つ入れられるでしょうけど、まぁ、2つあれば十分育ちます。


購入する時は注意して購入する事。

大体同じサイズで1本しか蛍光灯が入っていないものもあるので「こっちの方が安いやんけ」と思って安易に購入して家でいざ!










e0112895_5595719.jpg


と思ったら1本しか蛍光灯が入っていたなんて事があります。







・・・・・私はありました。(結構おっちょこちょいですw)



2:水。水を浄化するのにフィルターという奴を使います。大きく分けて4つあります。水中フィルター、底面式フィルター、上部式フィルター、外部フィルター。

水中フィルターと上部式フィルターは難しいので初心者は辞めましょう。やれない事はないですが、上級者向きです。
e0112895_631495.jpg

水中フィルター
e0112895_63468.jpg

上部式フィルター

底面フィルターはそれだけで私はやった事が無いのでコメントは控えますが、できるようです。そして安価です。
e0112895_6104456.jpg

底面フィルター


外部フィルターは後々語りますが、処々理由があり、一番お勧めします。

e0112895_643030.jpg

外部式フィルター

しかし一番高価です。

ちなみに私は外部&底面フィルターの2段構えでやっています。





3:土。ソイルという簡単に言うと畑の土を水槽用に改良したものがあります。メーカーは特に問いませんが、ジャリではなく、ソイルを使ってください。
ジャリや砂を使って育てる事もできますが、栄養添加の仕方とかがとても難しいので上級者向きです。最初はやめておきましょう。その方が無難です。

お勧めは・・・人によってそれぞれですので書きませんが、私はADA社のアマゾニアⅡというのとアマゾニア・パウダータイプというのを使っています。






4:CO2添加キットチャームあたりだと、1万円くらいで購入できます。

長い目で見るとビール用などの炭酸ボンベ(通称:ミドボン)を使ったほうがコストを抑えられますが、キットを1つ持っていれば、気軽に複数の部屋で使えたりするので最初はキットを持っていても損は無いと思います。

私はミドボンを使用しております。

セットの方法はココ



まず、以上のものをインターネットショップで購入するか、ショップに走りたまえ。


お話はそこからはじまるのだぁ~~~。



まだまだ買うものはあるんだけどね。




ガーリックボーイズのごくつぶしを聴きながら。





後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。



読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


良き水草ライフがあらん事を願う。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-12-04 05:44 | シリーズやさしい水草水槽

シリーズやさしい水草水槽入門 その2~以外に出費が多いのか?~

アクアリウムは・・・・




癒されるのは間違いないです。



しかし、面倒くさいし、金もかかる。





事実です。


不定期更新と前回書きましたが、アクセス解析の結果、意外に関心が多いという結果が出たので(便利な機能ですね。)しばらく集中連載(ある程度ここまでやれば水草水槽できるんだなという所まで)したいと思います。


前回これくらいお金がかかるんだな。という事を書くと宣言していたので、お話してみようと思います。


大体、諸説専門誌で語られる『これだけやれば水草水槽できますよ』的な記事・・・・






嘘ではありませんが、随分写真の水景(水槽の風景)まで育てられる機材の経費にかかる部分は大幅に省かれてます。



その仕組みは雑誌のスポンサーであるアクア業界の資本投資による弊害があるのは否めない。


もちろんメーカーとしては雑誌を読んで興味を持ってもらい、自社の製品を購入してもらわないと利益が出ないし、会社としても成り立たない。
なので、初期投資は多少省いても安く出来ますよ的な事を言いざるをえない。

それがにつながる訳ですけど。




企業としては当たり前の事です。


しかし、未成熟なこのアクア業界、しかも立ち上げ(水槽をセットする意味合いの業界用語)する時が一番お金がかかり、尚且つ立ち上げ当初は大きな失敗ばかりが起こりまくる事実・・・・・


まぁ、買い損なのは間違いない。


とにかく初回で申し上げた通り、生き物を扱う以上、手間がかかるのは事実なんです。


とにかく敷居の高いアクアリウム。


一体水草水槽を立ち上げるのに幾らかかるのか・・・・




その問いに挑戦した結果がt-t-cさんのブログで行った企画がこれだ!



1万円で水草水槽作れるか?っていう企画なんですけど。

私も参加してやってみたんですけど・・・・




満足いくシステムは作れなかったのが事実です。


DIYの鬼ですら、満足いくシステムは1万円では作れない事実。



それがアクアリウムなんです。


それを乗り越えてこそ、癒しの空間が得られるんです。


さぁ、散財の準備は出来ましたか?



ショップで全て器具を揃えるとさすがにお金がかかります。


ネイチャーアクアリウム界の大御所HiraiMasayukiさんをしても最初はこんなに散財されてます。


しかし、2万円あればそこそこいけるシステムは揃います。



ただし最終的にこの世界にハマると散財地獄に陥ります。



ただ、そうしてでも癒されたい程、水草水槽には魅力があるんです。


そう、魔力は十二分にあります。


それなりに散財すれば・・・

e0112895_4173090.jpg


こんなのとか、

e0112895_419653.jpg


こんなのとか、

e0112895_4194315.jpg


こんなのとがが出来るんですよ。



e0112895_5393054.jpg

↑は私が作った水景ではありませんが・・・・他の3つは恥ずかしながら私が作りました。

じゃぁ、長い前置きをした訳ですが、幾らかかるの?という質問には・・・


60cm標準水槽(横幅60cm・奥行き30cm高さ36cm)で高級といわれるADA社の水槽を使ってかかった経費は・・・


水槽代金:8900円
ソイル代金もろもろ3000円
CO2システム代金10000円
外部式フィルター4999円
配管ホース代金1000円
吸排水パイプ(ADA社DoAquaリリィパイプ)8000円
照明設備30000円(自作)
ヒーター(これ、以外に必要。日本の気温ではこれ無しでは冬は越せない。)2000円


しめて59899円也。




めちゃめちゃ高いです。


まぁ、私が効率の悪い購入をした結果、かかった経費ですから、散財しましたよ。


しかも熱帯魚代金や水草代金、レイアウトの流木代金や石代なんかは一切含まれておりません。



しかぁ~~~し!


私とて、学習はしましたよ。


そんなにお金掛けなくても何とかなるものです。

ここからが知恵をつけたもののみが得た賢い購入方法です。



世の中には最近賢い買い方なるものがあります。


そう、皆さんもご覧になっているインターネットがございます。

色々検索されればいいですが、大きなサイトで取引量が多いサイトといえばチャームがあります。

回し者でもないんですが、やっぱり安いです。


他にもよく見ればそこより安いネットショップはありますが、それは読まれる方の努力で見つけてください。

大元ここで器具は安く購入できますね。


色々ありますけど、メーカーにこだわらなければ、さっき自分で購入した器具の見積もりをすると・・・

水槽テトラ(メーカー名)製60×30×40(ちょっと背が高い・・・得だよ~)1999円
ソイル代金もろもろ2390円
CO2システム代金6980円
外部式フィルター4999円
配管ホース代金1000円
吸排水パイプ0円(外部式フィルター付属品で代用)
照明設備2990円×2つ5980円(ここは2つ必要。経験から。)
ヒーター代2000円



しめて23348円!


来ました!半額以下。



しかし、2万円超えてしまった・・・・

上手くセールを利用したりすればもっと安く購入できますよ~。


それで、最低限水草や熱帯魚を飼育できる環境に到達するわけです。

これでも熱帯魚代金や水草代金、流木代や石代は別ですよ。



たっかいなぁ。





と思った方、




諦めて下さい。




貧乏人には厳しい趣味です。


悲しい事実ですが。



生き物を飼育する以上、お金はかかります。



血統書のある犬や猫を購入する事を考えれば以外に安いかもしれません




ただ、最初から気分よくペットライフを過ごせるかといえば、そうでもありません。


第一回で申し上げたとおり、大きな失敗するのが初期に集中しているので、その投資全てが諦める事により無駄になる事もある。という事です。



そろそろ楽しむ覚悟は出来ましたでしょうか。




厳しいことばかりが目に付く第二回ですが、そんな散財以上の癒しは確実に存在します。
甘いところばかりお披露目するようないい加減な事は書くつもり無いので、諦めが付いた人は諦めてください。
それもやさしさの1つと感じていただければ幸いです。







次は実際水草や熱帯魚を飼って失敗したお話をしていきたいと思います。






リンキン・パークのフェイントを聴きながら。




後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。




読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


素適な水草仲間がみつかりますように。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-12-01 04:37 | シリーズやさしい水草水槽

シリーズやさしい水草水槽入門 その1~意外に過酷~

アクアリウムは・・・・


e0112895_2442274.jpg




癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。





事実です。





基本、水草にせよ、熱帯魚にせよ、生物を扱う以上、面倒くさいのは当然です。




ここを覗いてくださる緒先輩方を差し置いて私ごときが申し上げるのもなんですが、飼育・育成を時間を惜しまずできる方が始めないと出来ない趣味だと思います。


水草水槽の極意その1:

手間を惜しむならやるな。


でしょうか。


それをまず前提としてお話を進めて行こうと思います。



魚を飼い始めて1年、水草水槽を初めて10ヶ月。手ほどきをするにはまだまだ未熟ですが、私の経験した失敗を含めてどうしたら失敗なのか、どういう状態がまずまずの成功なのか。

これからやって見ようなんて思っている方の参考になればと思い、不定期ながら発信していこうなんて思ってます。


新しくカテゴリーに追加しておきましたのでまとまってきたら見ごたえのある内容になっていればいいかなぁ。





くだらない事かもしれないですが、まずアクアリウムってやつは装置産業と同じく、器具をある程度揃えないと出来ない仕組みになっております。


さらに上手くいくまでに様々な障害に遭遇します。


ですが、大きな障害は初心者時代にほとんど経験するものばかりだったりします。


初めていきなりトラブルばかりから始まるので諦めてしまい、「アクアリウムは金ばかりかかって上手く行かない」という印象ばかりが残り、アクアリウム人口は一向に増えていきません。




そこで極意その2:


失敗を乗り越えたら後は結構簡単である。


知識もなく、次々魚は死んで逝き、水草はどんどん枯れていく・・・




のはおおよそ3ヶ月くらいまでです。



その頃から次第に悲しい事実が減っていき・・・・・




6ヶ月頃を境にアクア人生がバラ色に輝きだしてきます。



まず、まともに飼育するまでに半年位かかるという事です。


それは水が飼育に値する環境に達するまでにそれくらいかかるという事です。


1本(水槽を数える単位?)水さえ出来てしまえば、それ以降は大して苦労せずに立ち上げる(新しく水槽をセットするという業界用語)ことが出来たりします。



例えば・・・・


こんなだった奴が


e0112895_246443.jpg








3ヶ月ほど経つと・・・・

e0112895_2532060.jpg



こんな感じまでは行きます。



ただしここまで来るのに、非常に苦労します。というより心が折れそうな思いをします。

にごり・コケ・病気・飛び出し事故・南米プラナリア・ヒドラなど。またピンチカット・CO2・液肥など、専門用語に踊らされたり・・・。




そんな過酷な時期を乗り越えてこそ、バラ色のアクアライフが待っているのです。



そう、最初は意外に過酷だったりするんです。



ここまで読んで気持が萎えた方、諦めましょう。


はっきり申し上げるのもある意味、やさしさだと思って下されば幸いです。




今回はこんな所まで。



次回は何時になるやら判りませんが、必要な器具と初期費用がどれくらいかかるかお話したいと思います。



後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。

まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。







ファスト・ドロウの種馬を聴きながら。






読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


良きアクアライフがあらん事を祈っています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-11-29 03:09 | シリーズやさしい水草水槽