「ほっ」と。キャンペーン

GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

タグ:アロワナ ( 2 ) タグの人気記事

淡水水族館でのおみやげ。

アクアリウムは・・・





やっぱいいですね☆





水族園の続きです。


淡水水族園の外には公園みたいなのがあって、池と川があります。
まぁ、那珂川沿いに建物があるので当然といえば当然なんでしょうけど。




e0112895_3572113.jpg



なんか綺麗な花が池沿いに咲いていました。

e0112895_358942.jpg
e0112895_3582817.jpg



基本鯉ばかり居ましたが、エビも見かけました。





で、お土産を買ったわけですが、当然自分用に買ったものがありまして・・・

e0112895_444528.jpg


フィギュア♪


古代魚のらしいです。


箱の中には・・・

e0112895_462124.jpg



アロワナ・カラチョウザメ・オーストラリアハイギョ・ピラルクー・メコンオオナマズ・シーラカンス。



・・・シーラカンスだけ淡水じゃないですけど。





せっかくなんで記念撮影してみました。



















e0112895_4105527.jpg






気にしない。










何が混じっていようとも。




ブラック・ボンゾのレディー・オブ・ザ・ライトを聴きながら。




読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。

俺もサボってないから。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-26 04:14 | 水槽オバカちゃん

淡水魚水族館大水槽

 アクアリウムは・・・





新たな発見がある。



昨日の続きになりますが、大水槽に行きます。

地元栃木と茨城県に跨って流れる那珂川。鮎の遡上日本一なんだそうです。



前半の水槽は地元と日本の河川に生息する淡水魚を紹介していましたが、
大水槽は世界の淡水魚が集まっており、大型魚がたくさん居ります。



では、大型魚のご紹介。


e0112895_542869.jpg


ナマズですね。

e0112895_555914.jpg


コリドラスのメチャメチャでかいやつみたいな魚です。

・・・何だろう?

錦鯉の大きいやつくらいあります。

やっぱ底物です。


e0112895_5101068.jpg


e0112895_514478.jpg


e0112895_5154772.jpg


恥かしがりやで顔が見えませんがアロワナもいました。シルバーらしいですが、黒いです。
養殖のタイのように日焼けするのでしょうか?
縁辺りしか白くなかったです。



淡水の王様ピラルクーです。

e0112895_5192395.jpg



でかいです。

e0112895_520744.jpg



でかいといえば、大ナマズも大きかったですね。

e0112895_521032.jpg



???


チョウザメかな?




わかんねぇ。


何故か大水槽の魚の紹介が見当たりません。


・・・でもよぉ~




でかい魚嫌いなんだよなぁ。俺。


e0112895_5274443.jpg



でかすぎ。




小さいのもいます。

e0112895_528503.jpg


カスみたいに見えるのがグッピーとメダカのようです。




ものすごい交雑種です。





発色とかヒレの形もへったくれもありません。


e0112895_531435.jpg


e0112895_5313636.jpg


ハチェットがたくさんいました。





他にもいっぱいいましたが、割愛します。




おもしろいです。


e0112895_5331871.jpg



ただし、水草レイアウトは微妙です。




まだまだ続く。




ドリームシアターのアウェイクを聴きながら。


読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。

俺もさぼらないよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-25 05:36 | 水槽全般