「ほっ」と。キャンペーン

GarciaのRockでAquaでオバカな日常。

タグ:照明 ( 7 ) タグの人気記事

やさしい水草水槽その12~照明その2~育つための条件

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。


さて。仕事もひと段落しました。

そろそろペースアップしますよ。

照明の事です。

前回は専用管じゃ無くても育つということを書きました。




ですが、専用管で無い限りいろいろ不都合が起こります。


まず、押さえておかなければ無いところを書きます。


植物は光を使って光合成します。


自然光はいろんな光を発しています。


その光の中でも可視光線(目に見える光)の一部を使用して光合成をします。
細かいことを言えば、一部不可視光線も使用するようですが(近紫外線・近赤外線)大まかな部分で可視光線の一部を使用します。


下の図を見てください。
e0112895_2223511.jpg


光と一口で言っても可視光線は光のほんの少しの部分しか無かったりします。


この可視光線の中の、大雑把ですが、青色の波長赤色の波長を使って光合成をします。

e0112895_2242598.gif


上の図のとおり楕円で囲った部分あたりを使って光合成します。


一番大事なのは波長です。

青の波長は400ナノメートルから500ナノメートルあたりで見た目青っぽい白色になります。カロチノイドやフラビン蛋白、リボフラミンなどの色素に作用して植物が光の方向に曲がって行く性質や形態形成に関係している波長です。


赤の波長は600ナノメートルから700ナノメートルあたりで見た目橙色から赤色になります。実は光合成作用が一番大きい波長域です。また、葉や茎を太くしっかりとした成長を促したりします。



皆さんケルビン(単位K)の色温度を重要視する方もおられますが、色温度は見え方を表す単位ですから、関係ないとは言いませんが、波長のほうが光合成は大事だったりします。


そして光の単純な明るさは光束(ルーメンであらわします)が強いと単純に明るいです。


理想を語ると、青の波長と赤の波長のみを含み、光束が強い蛍光管が一番いい。



ですが、そんな簡単に話は進まないんです。


第三の単位:演色性の問題が出ます。



赤色波長は水草が綺麗に見えないボヤンとした赤い色。お世辞にも綺麗に見えませんし、水槽内が暗く見えます。


青色波長はそれなりに綺麗に見えますが、青っちろくて、見た目味気ない色に見えます。




色がもっとも自然に見えるのは緑色の波長があると綺麗に見えます。
(一番最初の図の青と赤の波長の間あたりの波長域)

ちなみに市販の蛍光灯はこの波長が必ず入っています。





さぁ、困った。


どれも帯に短し、襷に長し。



ここからGARCIAの悩める実験が始まりました。



続きは次号で。






オアシスのスーパーソニックを聴きながら。










後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2010-03-16 02:53 | シリーズやさしい水草水槽

やさしい水草水槽その11~照明は専用管でないといけないか?~

アクアリウムは・・・・



癒されるのは間違いないです。




しかし、面倒くさいし、金もかかる。




事実です。




さて、照明について書いてみようかと思います。


植物は基本光がないと光合成しません。


まぁ、当たり前なんですけど。




結構巷の専用管、高くないですか?





たかだか蛍光管1本に数千円かけるのは大人の私はともかく、学生さんなどは結構痛い出費だったりしませんか?



専用蛍光管は確かに水草などを育てるには有効な電球だと思います。



では、一般の蛍光灯では水草は育たないのか?




と問うた時は・・・・




NO!
e0112895_520657.jpg



なんです。




実際育ちます。




植物が生長するに必要な波長が蛍光管に含まれていれば、一般家庭用の蛍光灯でも十分育ちます。



ただ、不都合も結構あったりします。




これから数回に分けて市販の蛍光灯でも結構いけますぜ。


なんて事を実験してみようと思っています。




私は60センチ水槽で20W管4本を使用しています。




結論から言うと





パルック・プレミア:クール色2本とパルックプレミア電球色2本の組み合わせでうまく行きました。


e0112895_5213490.jpg


(実験中の水槽(左側)。電球色使用で若干色味がオレンジがかっています。)



何故?




というのは次回からです。




ええ~~




という方もおられるでしょうが、私の場合、いろんな意味でこれがベストブレンドになりました。





実はいろんな組み合わせを試しました。



クール4本


クール2本・ナチュラル2本


クール1本・電球色1本、ナチュラル2本


クール2本、ナチュラル1本、電球色1本




まぁ、いろんなドラマがありました。







で、詳しくは次号を待って。







仕事忙しいのよん。





グレイトフル・デッドのアオクソモクソアを聴きながら。








後、質問は出来るだけ丁寧にお答えいたします。どんな些細な質問でもわかる範囲でしかありませんが、ちゃんとお答えしていくつもりですので、どしどししてくださいませ。

つまらない質問というのは基本無いと私は考えております。

素朴な疑問、今更聞けない質問あるでしょうし、私もわかんないことがいっぱいあります。


今更聞けない質問なら非表示で書き込んでもらって結構ですよ。


まぁ、皆で考えて行ければいいと思ってます。

ブログやHPやってない方も遠慮せずコメント入れてみてください。

少しでもこのアクアリウムという趣味を楽しんでくれる方が増えればいいだけですのでよろしくです。









読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


よき水草ライフがあらん事を。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2010-03-10 05:27 | シリーズやさしい水草水槽

ゲットしたものと改造編

アクアリウムは・・・






人のつながりを大切にする。




今回の流木拾いでゲットした流木達。

e0112895_0455888.jpg


こいつに漬け込み沈水化する。

e0112895_0464052.jpg





そういや今日、t-t-cさんから抽選で当たったブツが到着しました。

e0112895_0475071.jpg



・・・・?






やるねぇ。




中身は・・・

e0112895_0491638.jpg



ピンセット。何故か副賞という奴も付いてまして、はさみまで頂いてしまいました。





感謝!感謝!




この場を借りてお礼申し上げます。




これで私のピンセットコレクションが1つ増えました。

e0112895_0512375.jpg




改造したといえば、照明吊り具なんですが・・・


e0112895_0521530.jpg



勢いで60HI買ったまでは良かったのですが、そんなものを置く想定を全くしていなかったもので、移動したら突っ張る事、突っ張る事・・・・。



今ある部品にパイプ1本で作れるので早速改造!

e0112895_0544421.jpg


横長にするだけなので縦の支柱はそのまま流用。L字のジョイントもそのまま流用。

渡りにあうパイプが無いので買ってきて写真のようにパイプカッターで適当な長さにカット。


e0112895_0562860.jpg


ベースの位置を水槽の横中心に移動して・・・・


はい!完成。

e0112895_0573956.jpg



まだ、60HI専用の照明は未製作なので20W×2灯にパルック・プレミア&アルミ反射板で急場を凌いでいる。




e0112895_0594344.jpg



また嫁が・・・・・



e0112895_10112.jpg



このタコめ。2匹に増殖してやがる。







YMOの増殖を聴きながら。




読んだら↓のバナーをクリックしていって楽しい水草仲間を探してくださいませ。


そして気に入った仲間のブログへ行ってバナーを改めてクリックしてくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-10-07 01:01 | DIY その他

主砲の行方。

アクアリウムは・・・・





忘れている事が結構ある。




水槽の中で色々あった出来事をちょびっと報告。


先日大火傷をしてからというもの、水槽に手を入れられない状況が続いていました。


今日やっとこさ、ハサミを入れて、さっぱりさせる事が出来ました。

30キューブですが、前の映像を撮り損ねてましたが、後景を死にかけ水草復活部分にあてがっているので水景としてはメチャメチャですww


e0112895_11115472.jpg


ハイグロ・ロタラ・マツモなど、貧栄養水槽でいじめすぎたのか、枯れたようになっていたので、ソイルの入った水槽なら復活するかと思って冗談半分で入れたら・・・見事復活しました。
グロッソも相変わらず元気に増えているので近所の友達にあげに行きます。


e0112895_11151814.jpg


いないなぁと思っていたミナミですが・・・でてきました。
何か黒い色してます。
そして背中に白い線が出てます。
もう一匹見かけたのですが、それはもっと色が黒くて背中が白くなっていて目も白い色してます。


e0112895_11174075.jpg


コリタブに群がる底物軍団・・・
実はそこに植えていたウォーターローンですが・・・


抜けて仕方ないのでやめることにしました。

このままコブラグラスが伸びてくるのをゆっくり待つか、何かいい前景が見つかれば入植しようと思ってます。




60水槽のライトですが、寸法が大きくて20センチほど外枠を切りました。

切断前

e0112895_11221196.jpg



内部は水槽に合わせて作ってあったので問題はなかったのですけどね。


切断後


e0112895_11212896.jpg


随分すっきりしました。




主砲の件ですが・・・




子供が作ってくれましたww

e0112895_11245289.jpg


ボイスチェンジメガホンがついていますw

ローレライなどを流せば舟を沈めることが出来るかな?

e0112895_11262549.jpg






・・・・やっぱ気に喰わない。





ちゃんとしたやつ作らなきゃ。




クラッシュのロンドン・コーリングを聴きながら。



読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


さぼるなよ。

俺も押してるよ♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-08-31 11:28 | DIY 照明

照明改造その3 鈑金屋さんの巻。

アクアリウムは・・・・・






鈑金もする。



昨日の事。

我らオサレなワインバーQuattro Crew Colors に工事部という名のDIYサークルがある。
メンバーはアクア仲間でもあるMICHIと私。


照明製作に明け暮れるGARCIAは本体の骨組みの製作がひと段落し、照明のカバーを製作すべく、トタン板を購入していた。


おおよその大きさを考えてあらかじめカットしたのだが、ちょっとサイズが大きかったのだ。



基本いろんな物をDIYするのだが、設計図とか寸法を測ったりすることをほとんどせずに製作するのだ。



MICHIは「異常です。」と言うのだが。






まぁ、工事部にはいろんな工具があるので便利でいい。


丸鋸があるのでビュイ~~ンと切れば簡単だしね。





ただ、金属片が飛んできて痛いんだ。これが。



G:「おい、MICHI」


M:「なんすか?」


G:「トタン板切っといてくれ。」



M:「・・・・・・・・・・・・」


G:「なんや、その目は。先生の言うこと聞けんのか?」


M:「・・・・・いや、・・・・・・・・・・」








GARCIAはMICHIが大学にいたときの講師の先生だ。











教え子で部下。














反抗できるわけがない。











M:「あれで金属切ったら痛いじゃないすか。」










G:「だぁ~~かぁ~~らぁぁぁぁぁ~~?」












M:「はい!やらせて頂きます。オス!」















G:「ええ~~返事やのう。」





















最悪の人間である。






e0112895_4362452.jpg



痛い思いせずに済んだ♪



早速家で作業だ。


e0112895_444043.jpg



それでも少し大きかった。まぁ、これならハサミでも切れる。




トタン板の端は鋭利なので折り返して怪我しないように加工しよう。


添え木をあててマイナスドライバーなどでこじって曲げていく。
e0112895_4461118.jpg



怪我しないように軍手はちゃんとしよう。


当て木にそって一旦垂直に曲げる。ここで一気にたたんでしまうと仕上がりが曲がってしまって綺麗にならない。

慎重にハンマーでたたいて曲げていく。

e0112895_450758.jpg




e0112895_5271293.jpg

ここまで来たら手で押して曲げていく。急いでやると汚くなるので慎重にやる。

e0112895_4513699.jpg


完全に折り曲げる為にハンマーでたたいていく。慎重にやらないとやはり綺麗に仕上がらない。


とにかく鈑金は慎重さが重要。理由は2つある。

1つは散々言ってるが、綺麗に仕上げる為だ。

もう1つは怪我しない為だ。



ガンガンたたくというより

ツンツン細かく、軽くたたくのがコツだ。




e0112895_4551070.jpg


まぁ、こんな感じに仕上がってくる。

錆び止めにシリコンコークを塗っておく。



e0112895_4574593.jpg



さぁ、型合わせだな。


e0112895_4583229.jpg



今日はここまで。


次は内部の配線をやらなきゃね。




アノ変なパーマ屋さんですが、よそでも盛り上がっているようです。
中に入った人もいるようで、びっくりDEATH。



投稿しておきました。数日後にはそこには私の記事も載っている事でしょう。

e0112895_5151750.jpg




モンキーズのパーパスソングを聴きながら。




読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


笑い逃げ禁止!

押してけドロボー!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-07-23 05:20 | DIY 照明

照明改造その2

アクアリウムは・・・







発想力も勝負どころになる。


昨日のブログからほぼ1晩経って何ができたかと言うと・・・


蛍光灯部分のシェードですね。


やはり軽金属が骨組みになるので、それに蛍光管の支えをビス止めしていきます。

e0112895_4552786.jpg


配線を通す為、端に穴を開け、蛍光管の基台を取り付ける。

e0112895_4564639.jpg



4回繰り返すとこんな感じになります。

e0112895_4573958.jpg




前の照明改造のお買い物編で謎になっていて使い道が解からなかったもの・・・・





雨樋





前に店の入り口に雨樋を付けてたんだけど、(まぁ、付けるのはMICHIなんだけど。)それの手伝いしながらふと思った事がある



軽い。



防水加工済。



切るのが楽。 



はい、ジャジャ~ン。


e0112895_4584944.jpg



え?わかんない?


e0112895_4592962.jpg



蛍光灯の反射板にします。


ちょうどいい大きさだったんだよね~♪

基台をアルミホイル貼り付けた雨樋と合体する。(ビス止め)

個人的なコツだけど、わざとシワにした方が反射がいいような気がします。


んでもって、LEDスポット(昨日作った奴)と合~~体!!





ばびびび~~ん!





e0112895_553162.jpg




骨組み完了だ。


反対から見たらこんな感じ。


e0112895_572218.jpg







ふ、ふふふふふ。









e0112895_5241563.jpg



と、ド×ル閣下も仰っています。



ガ×ダムネタ多いって?





そりゃぁ30周年ですから。




T-Rexのメタルグルーを聴きながら。



読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


押せよ国民!

ドズ×閣下が亡霊になるよ。

e0112895_534475.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-07-22 05:36 | DIY 照明

照明改造のお買い物。

アクアリウムは・・・






考える趣味である。




先日大風呂敷を広げまくってしまったと後悔の嵐のGARCIAです。

ADAのグランドソーラーに似せたライトを作ろうなんていい加減な事言ってしまったものだから、引っ込みつかなくなってしまった。



大体怠惰な性格の私なのだが、言った事は必ずやり遂げろと死んだ爺様からの遺言で作らねば、とスービバへお買い物へ。




買ってきたのは・・・

e0112895_3585222.jpg


平板トタン、コの字型軽金属サッシ、雨どい。

トタンは天蓋を作るのに、軽金属サッシはライトのフレームに、雨樋は・・・・内緒。

これが大元になる骨組み達だ。

軽金属はやたら軽いし、トタンもあの亜鉛めっきが好きなんだよね。
一旦トタンは防水スプレーで防錆加工する予定。

ここまでで1000円くらい。


小物の方は・・・

e0112895_4114211.jpg


大小アングルとネジ類、チェーンとチェーンフック。

ネジは錆びないようにステンレスにしよう。

今回はあえてワイヤーを使わずにチェーンにした。これも出来上がったとき、謎が解けると思います。

これが2000円くらい。まぁ、3000円ちょっとあれば事足りると思います。




・・・・今、家中探し回ったが何処か異空間に行ってしまったので、別画像ですが・・

e0112895_4154863.jpg




こいつをバルカン砲の基礎にしようかな。と。



あと・・・

e0112895_4231954.jpg



・・・いらんいらん!



はぁ~びっくりした。



今、別件で内職中だったもので・・・


e0112895_4265252.jpg



多分これのせいだ。



週末には製作しよう。








あっ!














主砲の材料買うの忘れてた!



・・・んな訳ないか。



エイジアの時とロマンを聴きながら。




読んだら↓のバナーをクリックしていってくださいませ。


必ず。しかも毎回。そして毎日。


押しとけよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ブログ中に出てくる自作品はあくまで私個人が自己責任の上改造・自作した物であり、製品の精度を保障する物ではありません。もし参考に製作する場合、一切責任は製作者ご自身の下、製作いただきますよう、お願いいたします。質問等はコメント欄にてお答えいたしますが、成功、失敗を問わず、作る人の自己責任ですのでご理解願います。
[PR]
by sevens-door | 2009-07-16 04:32 | DIY 照明